冬桜と紅葉ーその1……城峯公園

2020年11月15日日曜日

歓楽 旅行

奇麗に咲いた城峰公園の冬桜
奇麗に咲いた城峯公園の冬桜
城峰公園の桜1
城峯公園の冬桜1
城峰公園の冬桜をアップ
城峯公園の冬桜2
城峰公園の冬桜
城峯公園の冬桜3
城峰公園の冬桜4
城峯公園の冬桜4
梅の花かなと思ってしまうかもしれませんが、歴とした桜の花です……まあ、桜にしても梅にしても、それは時期的にあり得ないと考えてしまう方々も少なくはないでしょう……そう思う私も、先日、TVで野田市にある神社の冬桜の紹介を見るまでは知りませんでした(^^;)

冬桜はどのような桜かと申しましと、山桜(ヤマザクラ)と豆桜(マメザクラ)が交配して生まれた雑種なのだそうですが、その後、冬(10~12月頃)に咲く桜の総称としても使われるようになったとのことです。

城峰公園の冬桜5
城峯公園の冬桜5
白から淡いピンク色の小さな花びらを咲かせる冬桜の開花期は4月上旬と11~12月の年二回あるそうですので、冬桜という名前に違和感を抱く人もおられるかもしれませんね。
因みに、その二回の開花時期故に、「四季桜」と呼ぶこともあるそうです。

観賞の第一印象としては、花見の時期の桜とは違って、一抹の淋しさを感じさせられます。

枝枝に一気に賑やかに咲き誇る花ではありませんので、開花した木の下で宴会に盛り上がるという雰囲気を醸し出してはくれないかもしれませんね……まあ、そのような印象をもったのは、見物に行った時期がちょっと早すぎたせいかもしれません……それでも、紅葉は未だ最盛期という感じでたので、両方を楽しむことができました(^o^)

ネットで調べて、今週最初に行った所は、埼玉県神川町という山奥にある「城峯公園(じょうみねこうえん)」です。

神流湖(かんなこ)と下久保ダム
神流湖(かんなこ)と下久保ダム
神流湖(かんなこ)、下久保ダムを眼下に見下ろせ、風光明媚な所なんですが、何しろ、山奥ですので、辿り着くまでに葛折(つづらおり)の細い山道を車で延々と上ってゆかなければなりません……その山道は、どう見ても、大型観光バスには無理という狭さです。

行き交う車は、所々にある小さな待避所で擦れ違います。

まあ、そういうことで、観光の方々は少なからずおりましたが、紅葉と冬桜観光の穴場かもしれませんね。

城峰公園の紅葉1
城峯公園の紅葉1
城峰公園の紅葉2
城峯公園の紅葉2
城峰公園の紅葉3
城峯公園の紅葉3
城峰公園の紅葉4
城峯公園の紅葉4
城峰公園の紅葉5
城峯公園の紅葉5

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

アーカイブ

ラベル

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ