可住地面積…日本狭すぎ!?

2020年3月11日水曜日

自然 政治

t f B! P L
春雨に濡れたユキヤナギ
春雨に濡れるユキヤナギ
可住地面積では日本はかなり狭い/小さいと仰る方々もおります。
確かに、2018年の日本の可住面積は総面積の32.9%(総務省統計)しかないのだそうです。

それに比べ、日本の本州程度の大きさしかないイギリスは84.6%、日本よりチョット小さいドイツが66.7%(多分、2012年以前)の可住地面積ですので、人が住もうとすれば住める面積は日本よりもズーっと大きいということになりますね。
日本は細長い国土に山脈が縦断しているのですから、やむを得ないところがありますよね。

可住地面積とは、総面積から林野面積と主要湖沼面積を差し引いたもので、平地(平野や盆地)の面積ではなく、農地や道路も含め、居住地に転用可能な既に開発された面積の総計となっています。
つまり、可住地面積は、開拓された土地を意味すると捉えることもできるのですね。

世界各国の可住地面積統計が見当たりませんでしたが、耕地面積の統計がありましたので、それを参考にしたいと思います。

2011年の統計では、日本の耕地面積は世界で51番目に大きいのです。
国土の広さは世界で62番目ですので、土地の開拓という意味では、それだけ日本は頑張ってきていると言えますでしょうね。

因みに、2011年の耕地面積世界上位5か国は次の通りです。
  1.  インド
  2.  米国
  3.  ロシア
  4.  中国
  5.  ブラジル(4位と面積の桁が違ってきます)

昔々、マーケティングの講義の始まりに受講者たちに対して行う質問に、次のような例が良く使われたものです。知っておられる方も多いのではと思います。

『アフリカへ靴の販売開拓に行った靴メーカーの営業マンのお話です。
彼は色々な地域を回り、一心不乱に靴を売り込みました。
ある日彼は、時間が余ったので、奥地の村にも行ってみたのです。
その地で彼はビックリしました…誰も靴らしきものを履いていなかったのです』

講師の質問は、その地で彼は、これじゃあ靴は売れないと考えたのでしょうか、それとも、売れると考えたのでしょうかというものです。

明治の初めに北海道へ行って、未開拓の広大な林野を見た人々が、寒冷地でもあり、耕作には適しないと考えていたとしたら、現在の北海道はなかったことでしょうね。

それどころか、北海道のコメは美味しくないと言われた長い年月を経てゆく中で、コメの品種改良の努力が続けられ、今では、新潟県魚沼地域のコシヒカリに匹敵するような美味しいコメ(ゆめぴりか)が市場に出回っています。

さて、日本の可住地面積32.9%は、耕作地や居住地などに利用できる面積が国土の大きさの割には限界があると考えるのか、それとも、まだまだ開拓の余地があると考えるのか…

因みに、10年ぐらい前の日本の可住地面積は27%程度だったのかもしれませんね。


【ご参考】
★ 島国「日本」は本当に小さいの!?
★ 日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

QooQ