美と醜について

美と醜とは何か?

ということについて哲学者が書いたエッセイ
のようなものを高校生のころに読んだことが
あります。

未だに記憶から消えさっておりませんから、
それだけ心に残った考え方です。

その内容を端的に言いますと、
  • 「美」は際限のあることで、
  • 「醜」は際限がないことです。
その中で、いくつかの説明がありました。

例えば、鬱蒼と茂った森の中に美しい枝ぶり
の大木があっても、その森の中でその大木を
美しいと感じる以前に得体のしれない恐怖感
・不安感(「醜」)が先に立ってしまう。

それでも、
その大木を小さな木で再現して盆栽にすると
そこに「美」を感じることができる…
ということです。

映画やドラマを観てますと、感激したり悲嘆
してしまったりすることが珍しくありません。

しかし、現実の世界では、映画やドラマと
似たような状態や状況にある人々が自分の
周囲にいるにも拘わらず、感激したり悲嘆し
たりすることは稀です。

何故なんだろうと思うわけです…

そのことを、
「美」と「醜」の考え方に倣って考えますと
成程なと思えてくるわけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html