馬って泣くんですよね

2020年8月4日火曜日

ペット

花壇に咲くクリーミーなヒマワリ
花壇に咲くクリーミーなヒマワリ

馬 力

赤いsport carのミニチュア
sport car
自動車の出力を「馬力」といいますが、1馬力を馬一頭が継続的に出せる力に例えたんですね。

以前は、日本の自動車会社の自主規制で、乗用車の最高出力が280馬力以下でしたが、今では、その自主規制も無くなり、300馬力を優に超える日本の乗用車も普通に売られています。

280馬力ですと馬が280頭分の力ですよ…馬280頭に、人が一人か二人乗って走っているわけですねぇ~(^O^)

そう考えますと、現在の乗用車の馬力は、無駄に出し過ぎているのではと非難されても不思議ではありませんね。

馬は自動車とは違って生き物なんです

当たり前すぎることなんですが、馬は、ガソリンやったら走る自動車のように、餌やりゃ走るってもんでもないのです。

馬にも気分や感情があって、イヤなときはイヤなんです…ペットのワンちゃんと一緒なんです…なあ~んて、今だから言えるんですけどね(^-^;

それを嫌っという程に感じさせられた/思い知らされたことがあります。

馬って泣くんですよね

馬って泣くんですよ… 知っておられました?
エッ、ヒヒーンとなくんだろうって!? …そりゃあ、モォ~とは鳴きませんよ(-_-;)

馬は泣くときに声を出さないんです。
あの、お~きな澄んだ目に、涙をいっぱい浮かべて泣くんです。
あ~あ、可哀想なことしちゃったなあ、と人に後悔させるに充分な、悲しそ~な目をして泣くんです。

大きな馬の目

その目を見てしまったら、ジ~ンときて、泣かせてしまった自分が極悪人のように思えてきます。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ