KTVクラブなどのボトル管理方法…ギョ!?

ウイスキーのボトル管理
スナック・クラブなどの飲み屋では、
客が飲み残したボトルを管理(ボトルキープ)
していますが、その管理方法は、
ボトルの首に掛かっている名札によって
行っているものだと思っておりました…

しかし、中規模以上の飲み屋では、どうも
違うようです。

名札で管理することは、ボトルの数が多すぎて
無理だと言われます。


ボトル管理にもi-Padを使い、客名、ボトル名
(いいちこ、シーバスリーガル12年、
サントリーVSOPなどなど)と番号10~1で
リストを作成しているようです。

番号はボトルの残量を意味します。
”10”は減っていないボトル、
”9”はちょっと減っているボトル、
…”5”は半分残っているボトル、…
”1”は多少残っているボトルという具合です。

全て、目分量で判断します。

そして、
ボトルをキープしていた客が店に来ると、
i-Padでその客名を検索し、その客の
ボトル残量番号に相当しそうな残量のボトルを
テーブルに持ってくるのです…

すべて目分量ですから、
あれっ、この前帰る時には、もっと残って
いたように思ったけどなあ~、
と思わされることもあるわけです。
テーブルの出された飲みかけのボトル
更に、テーブルに出てきたボトルの酒を、
前回は誰が飲んでいたのか不明なのです。

つまり、誰が飲んでいたのか分からないボトル
が出てきて、それを飲まされるわけですから…
神経質な方は、ぞっとするかもしれませんね。

また、その飲み屋に不満を抱いた客が、
ボトルの中に何か良からぬ物を入れて
帰るかもしれません。

まあ、そのようなことが起こる確率は
低いでしょうが…

よくあることは、
客が気に入って指名している娘が、故意に、
リストに示されている残量番号よりも少ない
ボトルをテーブルに出してくることです。

客は、帰る時には、酔っぱらっているので、
ボトルの残量など覚えていないと、彼女らは
高を括っているのです。

彼女らも、ボトルの残量は大変気になる
ところです。

多く残っている場合は、ボトルを空に
するために彼女らは、苦しい思いをして、
それだけ酒を飲まなければなりません…
少しでも少ない残量であれば、
彼女らは身体的に助かるわけです。

ボトルの売上は、飲み屋と彼女らの利益に
大きく貢献するのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html