中国社会経済構造の特殊性

焼き鳥
古い友人二人と焼き鳥屋で旧交を温めました…

かつての仲間の近況も然る事ながら、
中国の話題にも花が咲きました。

彼らは、海外の経験を豊富にもってい
ますが、中国の経験はありません。
従って、彼らの中国観は報道を通してのものです。

それは、逆に、彼らの中国観が、日本の
中国報道を象徴している…つまり、
日本では中国に関する報道がどのように
なされているのか、その一端を感じさせるものです。

政治面は置いときましても、ある意味、
驚いたことは、食べ物に関することです。

私が、
「上海に遊びに来てくれよ」
と言いますと、
「行くのはイイが、我々が食べられる物
はあるのか?」
と彼らに言われてしまいました(>_<)

私は上海に7年間住んでいて、その期間
中は、中国の水・肉・野菜・魚・油・
牛乳・タバコなどが自分の体に入っています。
彼らは、それを知っているのですが…(-"-)

しかし、私は彼らを非難するつもりは全くありません。

数年前に、会社を経営している中国人
二人と会食した際に、彼らに、中国の
牛乳とタバコは、中味が信用できない
ので、買いませんと言われたことがあります。

私は、何も言いませんでした…何故な
ら、私は、中国のタバコを吸い、中国
の牛乳を飲んでいたのですから(^-^;

中国人自身が、自国の食品・嗜好品など
だけではなく、中国製の商品全般に対し
て大きな不信感を抱いているのです。

それは変だろう…中国製の商品が氾濫し
ているのだから、と仰る方も少なくない
でしょうね。

そこが中国社会経済構造の特殊性です。

高級ブランドイメージ画像
基本的に、中国製の安い商品は豊かでは
ない中国人達が買い、裕福な中国人達は
外国の有名ブランド品や中国製であって
も外国の有名ブランドが品質を保証す
る、つまり、有名ブランドが冠されてい
る商品を買います。

この特殊構造が、何故、日本製品が中国
で日本の値段の2倍以上もする価格で売
れるのかという疑問に対する答えです。

中国も工業技術では、世界の先端を走っ
ている、あるいは、先端に近づいている
分野があることも確かですが、こと食品
関連になりますと、中国国民の信頼を得
られるまでには、まだまだ時間が掛かり
そうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html