かつての関東三大イルミネーションの一つ「東京ドイツ村」

2021年3月13日土曜日

旅行

東京ドイツ村イルミネーション1
東京ドイツ村イルミネーション1
1ヶ月半ぐらい前に東京ドイツ村へ行ってきました。
イルミネーションの写真を撮ってみたかっただけなのですが、感動というよりは、よくぞここまで手の込んだデコレーションをやったものだと感心しましたね。

この開発は、元々、ゴルフ場を目的としたそうなんですが、商売としてゴルフ場の将来性に不安が感じられたために観光地に転換したのだそうです。
敷地が広大で、なるほどと思わせてくれます。

東京ドイツ村イルミネーション2
東京ドイツ村イルミネーション2
東京ドイツ村イルミネーション3
東京ドイツ村イルミネーション3
オーナーの方がドイツに旅行した際に感動した風景を再現しようと試み、それが「ドイツ村」の由来となったそうなんですが……
じゃあ、なんで「東京」が冠されるの?という疑問に対しては、単に千葉県袖ケ浦市という狭い地域ではなく、全国、あるいは海外も含めて認知度を広げるためにという説明に妥当性がありそうです。

それが功を奏したかどうかは分かりませんが、当日も東南アジアの方々のグループをいくつか見かけましたね。

東京ドイツ村イルミネーション4
東京ドイツ村イルミネーション4
東京ドイツ村イルミネーション5
東京ドイツ村イルミネーション5
初めて知ったのですが、関東三大イルミネーションと言われる場所があり、東京ドイツ村もその一角を占めていたんですが、2018年10月から、その地位をさがみ湖イルミリオンに譲ったそうです。

因みに、現在の関東三大イルミネーションは次の通りです。
  • あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)
  • さがみ湖イルミリオン(神奈川県相模原市)
  • 江の島「湘南の宝石」(神奈川県藤沢市)
私は藤棚で有名な足利フラワーパークに行ったことはありますが、日中でもあったので、イルミネーションがあるかどうかさえも知りませんでした。

東京ドイツ村イルミネーション6
東京ドイツ村イルミネーション6
東京ドイツ村イルミネーション7
東京ドイツ村イルミネーション7
イルミネーションは、屋外で楽しむ観光地が寒い冬場の閑散期を凌ぐために考案したものなんでしょうが、今では、歓楽街だけではなく住宅地でもイルミネーションが普通にありますので、見慣れてしまって、幻想的なイメージも薄れてしまっているように思われます。
冬場ですと、あの冷たそうな光を見て、更に寒々としてくるかもしれませんね。

東京ドイツ村イルミネーション8
東京ドイツ村イルミネーション8
東京ドイツ村イルミネーション9
東京ドイツ村イルミネーション9

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

アーカイブ

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ