SUBARUのサイトでの問合せ方式は大変不便ですね

2020年8月9日日曜日

企業

グラジオラス
グラジオラス

9年間もスバル車に乗っていて一度も、(株)SUBARU(これが会社の正式名)に問合せをしたことがありませんでした…他の自動車メーカー…トヨタ、ホンダ、日産のカスタマー・サービスには一度ぐらい電話したことがあると思うのですが…

XV Advanceの一か月点検を6月下旬に受けた際に疑問に思った純正エンジンオイルについて、(株)SUBARUの正式な見解が知りたくなり、初めて公式サイトから問合せをしてみました…(純正エンジンオイルに関しましては、別の投稿にてご報告致します)

公式サイトからの問合せフォームは下の画像通りで、一般的なものだと思います。
問合せの内容にもよりますが、必須項目だけではなく、任意の項目も記入する必要がある場合が多いのではないでしょうか。

実は、これが厄介なのです…

この問合せフォームに必要事項を記入して送信しますと、例の如く、問合せを受けましたとの確認がメールで入ってきます。

それから、簡単な問合せ内容であれば、数日(土日祝日を除く)以内には回答を得られると思います。
その回答は、電話かメールです…問合せの内容がちょっと厄介な場合は電話での回答となるのかもしれません。

電話の場合は、その場でやりとりができますので問題ありませんが、メールでの回答の場合には大変不便なのです。

何故なら、その回答メールには返信ができないのです。
回答頂いたこと対する感謝の返信も出来ず、また、回答内容に関する質問・疑問を返信することも出来ないのです。

それではどうするのかと言いますと、SUBARUのサイトの問合せページにゆき、再度、そのフォームに記入することになるのです…ものすご~く面倒臭いと感じさせられます。

問合せを特定する番号が付いている訳でもありませんので、問合せ制限文字数500(改行も含む)以内に、今までの遣り取りを要約し、更なる質問内容を記入するのですから、質問の文字数はかなり制限されてしまいます…これでは、数回交信することさえ嫌気が差してきます…これがSUBARUの意図するところなのかもしれませんが…

スバルの六連星のマーク
スバルの六連星(むつらぼし)のマーク
SUBARU問合せフォーム1
SUBARU問合せフォーム2
SUBARU問合せフォーム3
SUBARU問合せフォーム4
SUBARU問合せフォーム5

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ