Win10で一時的なサーバーの問題の解決方法

2020年4月7日火曜日

パソコン

しな垂れて咲く藤の花
しな垂れて咲く藤の花
モバイルPCを何か月も使っておりませんでしたので、Win10の更新(update)を実行したのですが…途中で、WiFiを切断する必要があり、更新も中断されました。
その後、WiFiに接続して更新を再開し、更新は、少なくとも表示上では、成功しました。

その中断が原因なのか否かは分かりませんが「本人の確認が必要」(アカウントの確認)との表示が現れましたので、行おうとしたのですが…
「一時的なサーバーの問題が発生しました」という意味の表示が出て、何回トライしても先に進めないのです。

「ローカルアカウントのサインイン」に切り替えてトライもしたのですが、同様の理由でMicrosoftのサインインも出来なくなってしまいました。

例のごとく、色々とネットで調べてみました…
これだ!という解決策はありませんでしたが、Internet Explorerの設定に問題がある場合もあるとのことでしたので、Internet Explorer 11の設定をリセットしてトライしましたところ、問題なく先に進めました…つまり、本人確認ができたのです。
勿論、Microsoftにもサインインが出来、いわゆる、正常に戻りましたね。

あるいは、プロキシサーバーを使う設定になってしまっていたのかもしれませんが…

具体的な手順は次の通りです:

インターネットのプロパティ設定画面

  1. 【コントロールパネル】を開き、
  2. 【インターネット オプション】をクリックしますと
  3. 【インターネットのプロパティ】の画面が開きますので、その中の
  4. 【詳細設定】をクリックしますと上記画面になります。
  5. その画面の右下にある【リセット】をクリックしてOKボタンを押します。
  6. その後にPCを再起動させます。

もし、それでも直らない場合は、Internet Explorerをアンインストールしてから、次のサイトからダウンロードして再インストールしてみて下さい。
Internet Explorer のダウンロード

ご注意頂きたいことは、「新しいMicrosoft Edgeのダウンロード」ではなく、その下の方にある「Internet Explorer 11のダウンロード」を行うことです。
(32ビット)と(64ビット)がありますが、お使いのOS(Win10)のビット数と同じものをダウンロードして下さい。

以上の手間を掛けても直らない場合は、私もお手上げですね。


新しいMicrosoft Edgeのマーク
新しいMicrosoft Edgeのマーク

ところで、「新しいMicrosoft Edge」を使ってみますと、それ以前のMicrosoft Edgeとは全く別物という印象を受けます。

Chromiumは、オープンソースのウェブブラウザのプロジェクトです。
Microsoft EdgeはChromiumベースなのだそうですが、OperaやGoogleのChromeもそうですね。

新しいMicrosoft Edgeは機能的にかなり進化しているのではないでしょうか…Bingへの自分のサイト登録も簡単にでき、且つ、分かり易い分析機能も備わっています。

速度も悪くないですが、メモリーの喰い方がFirefoxよりも少ないように思います。

PS.
新しいMicrosoft Edgeの速度は一息つきますね…Microsoftは速いと言ってますが、それは、それ以前のEdgeと比べてでしょうね。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ