銀河のような花芯をもつ花

2020年3月28日土曜日

あたかも星雲のように見える花芯
あたかも銀河のように見える花芯
目で見たところでは、白で縁取りされた黒っぽい花びらで、普段は気に留めることもない、とても小さな花なんですが…

ネモフィラ
ネモフィラ
それは、11種類あると言われる、北米西部などに分布するネモフィラの1種で『ペニー・ブラック』と言われる花です。
花の名前は、1840年にイギリスで発行された世界最初の切手(黒い)の通称に由来するそうですね。

上の写真は一般的なネモフィラで、国営ひたち海浜公園では花園が観られます。
『ペニー・ブラック』は次の写真です。

ペニー・ブラック
花壇の片隅に咲くペニー・ブラック
本当に小さくて薄汚れた感じのする花なんですが、その花芯を接写してみますと、こんなちっぽけな花の中に宇宙が存在しているかのような、ちょっとした驚きを感じさせてくれます(^^♪

因みに、その花壇の主役は次の写真です。

水仙とチューリップ
水仙とチューリップ

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

QooQ