水槽の中の熱帯魚は不幸、それとも、幸せ?

2020年1月10日金曜日

日常

t f B! P L
水槽の中の熱帯魚

大きなショッピングモールの通路脇に置かれた水槽の中の熱帯魚です。

多分、日本でふ化された熱帯魚なんでしょうが、彼らは自分達が住む世界に何らの疑問ももっていないのでしょうね…何故なら、初めから水槽の中で、外の世界を知らない、知る由もないからです。

それを見て、彼らは不幸だと思うのか、危険が沢山潜む外界から隔離されて彼らは幸せだと感じるのか…それは、見る人の、その時の心理状態によって異なるかもしれませんね。

色んな煩わしいことや頭の痛いことに晒されている方は、自分もあんな風な生活がしてみたいと思うかもしれません。
可能性が無限大に広がるような気分に浸っている若者たちは、水槽の熱帯魚を見て、彼らは可哀そうだと感じるかもしれません。

こんな風に書きますと、ふざけるな!普通、そんなことは考えないだろう!…と怒鳴りたくなる方々が多そうですね。
尤もだと思います…私も普段は、そんなことを考えません(^-^;

水槽の中の熱帯魚2

ただ、大きな違いは、自分が今住んでいる世界とは違う世界があることを知っているか否かではないでしょうか。
私には、どちらが良いのか分かりませんが、自分の意思とは関係なく、水槽のような制約された小世界に閉じ込められてしまっていたとするなら、大抵の方々は不幸/不運だと思うことでしょうね。

それ以上に大きな問題は、自分は水槽のように制約された小世界に住んでいるのかいないのか、良く分からない状態に置かれているという場合ではないでしょうか。

…また変なことを書いてしまいましたね(^-^;

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

QooQ