高血圧の薬で胸が苦しくなることがある

2019年11月24日日曜日

健康


高血圧の薬…アムロジピン
一般的な高血圧の薬…アムロジピン

高血圧は、何ら事前の注意信号や症状を呈することなく突然、血管障害を起こし、死に至ることも珍しくない病気と言われておりますね。

私も高血圧で5~6年前から血圧を下げる薬(アムロジピン)を基本的に毎朝服用しております。

たまあ~に、ベッドやソファーに寝ている時に、胸が苦しくなることがあります…その症状が長く続くわけではありませんが…

以前、その症状を掛かり付けの医者に話した時には、医者は、処方している薬は狭心症にも効果がある薬なので、その薬を飲んだら胸が苦しくなるということはないでしょうと軽くいなされました。

そのような症状が現れ始めた後にも心電図検査を受けたことがありますが、その時に何も問題は指摘されておりません。

まあ、その症状は強くありませんので放っておいてますが、その薬を切らして暫く飲んでいない時には、そのような症状は現れないのです。

高血圧の薬は、強く血液を送り出そうとする心臓の力を無理やり弱めるのでしょうから、そこに何らかの副作用があったとしても不思議ではないのでしょうね。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ