江戸川増水後の風景

江戸川増水後4日目

江戸川増水後4日目2

江戸川増水後4日目3

関東を襲った大型台風19号による甚大で悲惨な被害が連日報道されております。
被害にあわれました方々には、お見舞い申し上げます。

想像以上に強大な台風なるが故の自然災害だと決めつけてしまうことが正しいのか否かは分かりませんが、日本政府が長年にわたって自然災害防止も含む公共投資を抑制し続けてきたことが原因の一部となっていることは否めないと思います。

上の写真にある広い江戸川は、普段はサッカーや野球に利用されている河川敷の部分で、本流は一番上の写真では右側に流れ、他の写真では左側に流れています。
白いサッカーのゴール枠に絡みついている草は、増水がその高さを超えたことを示します。

江戸川が、高い堤防(土手)の一番上の遊歩道の高さまで後3m弱というレベルまで増水した跡が土手の斜面に残ってました。
江戸川が氾濫しますと、床下浸水は当然ながら、1階はおろか、2階の天井まで水没してしまう地域が広範囲にあるそうです。

そんな江戸川の増水も4日も経ちますと河川敷が水没している程度まで水が引き、そこには、餌を求めて水鳥やカラスやカモが飛来してきていました…カラスが多かったですね。

水鳥

水鳥2

カラス

カモ

カモ2

香り漂うキンモクセイ

Tags
空へ燃え立つキンモクセイ

枝に咲くキンモクセイ

枝に咲くキンモクセイ2

キンモクセイ

枝に咲くキンモクセイ2

散歩道を歩いていて、その強い香りに惹かれて写真を撮ってしまったキンモクセイ(金木犀)です。
樹皮がサイ(犀)の足に似ているということで名づけられたそうですが、見てもよくわかりません(^-^;

中国では、 桂花茶の原料として重要な栽培植物なんだそうです…頂いたことがあるような無いような…

雄株と雌株があるそうなんですが、日本へは雄株のみ移入されたために実のなるキンモクセイは無いそうです…それでも、繁殖させることができるという点が面白いですね。

ついでに、食べるオクラの花と実です。

オクラの花と実

面白いことに、オクラは、ナスやキウリのように垂れ下がって実るのではなく、花のように上に向かって実るのですね。

芋けんぴ用の芋…コガネセンガン

サツマイモの一種…コガネセンガン

私の家内が日本橋の芋金次郎芋屋金次郎で芋けんぴを買ったらオマケで頂いた芋です。

コガネセンガン(黄金千貫)はサツマイモの一種で、でんぷん質が多く、大きいものは3kgにもなるという白芋です。
芋焼酎の原料にもなるそうですね。

油との相性が大変良いために「芋けんぴ」に最も適した品種とのことです。

日本酒用のお米(酒米)は、我々が一般的に口にする食用米とは異なる品種(山田錦が有名)であるように、芋にも、コガネセンガンのように、用途にあった芋があるのですね。

エッ、そんなことより芋金次郎芋屋金次郎の芋けんぴは美味いのかって仰るんですか!?

高いだけあって、そりゃあ~美味いですよ…歯ごたえがありすぎず歯触りもよく、甘さも適度に抑えられていますから、芋けんぴ好きには堪らんでしょうね(^^♪
なんか意図せずに宣伝してしまいましたね(^-^;

PS.
芋金次郎ではなく、正しくは、芋屋金次郎です。
失礼しました。

マリーゴールドの咲く花壇

Tags
マリーゴールドの咲く花壇

マリーゴールド

赤いマリーゴールド1

黄色いマリーゴールド

赤いマリーゴールド2

マリーゴールドの蜜を吸う虫

メキシコ原産の健康的なマリーゴールド(千寿菊/万寿菊)ですね。
花の形には色々とあるようですが、どれが基本形なのかは知りません。

下の写真は、片隅に小さく咲いていた向日葵です。

小さな向日葵

サルスベリもそろそろ終わりです

Tags
奇麗に咲いたサルスベリ
サルスベリのピンク系の花

100日間も花を咲かせ続けるという「サルスベリ(百日紅)」もそろそろ終わりですね。
台風19号前に華やかに咲いた花です。

サルスベリの木
サルスベリの幹
つるつるした感じがするサルスベリの幹
猿滑と言いますから、サルも滑って木に登れないのかと思ってましたら、実際には、簡単に登ってしまうそうです。

サルスベリの花と空

中国南部が原産地と言われるサルスベリの花と秋の空です。

彼岸花の咲く風景

Tags
彼岸花の咲く風景

彼岸花の咲く川辺

彼岸花

咲き誇る彼岸花

有毒な多年生の球根植物である彼岸花(曼殊沙華)は中国大陸から日本に持ち込まれたもののようですね。
その毒も、水田の畔やお墓に彼岸花を植えることによって、ネズミ・モグラ・虫除けに有効利用されたそうです…詳しくはWikipediaで…

お彼岸(秋分の日と前後3日間の計7日間)の頃に咲きますので、それが名前の由来と言われます。

(序に、「彼岸」は、太陽が真東から昇り、真西に沈む春分と秋分の日に、西方に沈みゆく太陽に向かって礼拝し、遥か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが始まりなのだそうです。
それがやがて、祖先供養の行事へと変わってきたと言われています)

白い彼岸花も見ることが出来ます。
その白い花は、色素形成異常で出来たもので、本来の彼岸花は赤い花なのだそうですね。

彼岸花は6方向に放射状に花をつけます。

白い彼岸花

6方向に花をつける彼岸花

オマケで、川辺に咲く花の蜜を吸うハチの写真です。

川辺に咲く花の蜜を吸うハチ