上海COCO壱番での納豆カレー

2019年7月19日金曜日

中国 料理

t f B! P L
新しいビルに入ったCOCO壱番の入り口

弊社が入っているビルの隣に建った新しいビルの地下にあります、カレーのCOCO壱番です…ガラス張りでスッキリ感のあるお店です。

実は、上海のCOCOでカレーを食べますと、お腹を壊すケースがよくありますので、自分としては行きたいという気持ちにはなれないんです(-_-;)

それでも、同僚の中国人がCOCOのカレーが好きなものですから、たまに付き合います(^-^;

今日のお昼に、その同僚が、新しいCOCOが出来たのを知ってますか?…なかなか感じのイイお店ですよ…などと、誘惑気味な言い方をしてきましたので、付き合ってやることにしました。

テーブルに座ってメニューを見たんですが、目に入った全品が高いのでビックリです。
一番安いホウレンソウ・カレー(本当にホウレンソウだけ)が30元(約480元)です…上海での昼食としては、この程度の内容では高すぎですね(-_-;)

肉が入ってますと、40~50元(約640~800円)以上もします…夕食費レベルですよ (>_<)

まあ、入った以上は、そんなことを考えていても始まりませんので、いっそのこと、食べたことない手頃な値段のものをということで選んだのが33元の納豆カレーです。

お皿に盛られた納豆カレー

納豆もカレーも、基本的には大好きなのですが…
自己主張の強い全く異なったものを混ぜますと、一般的には、良い結果にはならないのが相場のような気もします。

味付けをチョットだけ余分に辛めにしてもらい、出て来たのが上の写真の納豆カレーです。

見栄えは、これ以上取り繕うこともできないのでしょうが、ご飯の上に納豆をのせて、その上にカレーを掛けただけです…それ以外には何も入ってません。

スプーンを手にし、徐に納豆の部分を開いてみますと、納豆のねばりが現れました。
う~ん、本当に納豆なんだと納得しながら、小さな塊をすくい上げて口に入れますと、納豆の臭いと味がカレー味に押されて、食べやすくなっていることに気付きます。

それでも、軽くても納豆の臭いは残ってますので、納豆が好きという方でないと食べれませんでしょうね。

まあ、私は、こんなカレーもあるんだという新たな経験を得た満足感でもって、最後まで食べれたという感じですね。

私としては、一度の経験で充分という印象でしょうか(^-^;

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

中国 (546) 政治 (185) 日常 (174) ブログ (126) 意見 (112) 社会問題 (90) 歴史・文化 (88) 企業 (85) 天候 (82) 仕事 (81) 国際政治 (76) 歓楽 (75) 社会経済 (73) マスメディア (68) internet (67) 国際関係 (49) 官僚 (49) (48) 健康 (42) ビジネス (41) 趣味 (39) 気候 (37) 経営 (35) 映画・ドラマ (34) 自然 (34) 人権 (33) 料理 (33) 愛情 (30) パソコン (28) 接待 (28) (27) (26) 教育 (25) 風習 (25) 祝日 (24) 旅行 (22) 性格 (20) 通信 (18) 評論 (16) メール (13) 部屋 (12) 友人 (11) 建設 (8) 音楽 (7) ペット (6) お菓子 (4) スポーツ (4) 芸術 (3)

アーカイブ

Follow by Email

QooQ