上海高島屋が閉店します

夜に伊犁站から撮った上海高島屋のネオンサイン

閉店は毎日しますが、今回の上海高島屋のお知らせは、翌日に開店することのない閉店です。
8月25日までは営業を続けるそうです。

私は、デパート自体には、それ程お世話になっておりませんが、上海高島屋が作り出した地下街や上層階のレストラン街、および、周囲の雰囲気には慣れ親しんでまいりました。

屋外の広場では祭りなどのイベントが催されたりして、一つの特色ある雰囲気の場を提供しておりますので、なくなると淋しさを感じてしまうでしょうねぇ~…
【ご参考】上海高島屋―夏日祭‘18

営業終了のお知らせ…中国語、日本語と英語の3版

お知らせの中に、色々と社内弁明のような閉店理由が書かれておりますが、要するに、買物客が来な過ぎたということですね。

お知らせの日本語版の拡大

上海高島屋地下一階のスーパー

地下街は、スーパーがあり、惣菜店、ステーキ店、手頃な値段の和食店やカレー屋、ラーメン屋、洋菓子店などや薬局、お茶屋、そして特売店などなどの様々なお店が軒を並べ、パンのドンクもあり、ある程度の賑わいを感じさせております…便利な地下街といった感じです。

上海高島屋店内…お客は疎ら

しかし、デパート本体の各階は人が疎らで、これではやってゆけないだろうなあ~という印象を受けておりました。
上海のローカルの百貨店とは格が違うような雰囲気を醸し出してはいるのですが…デパートにしては品数が少なすぎましたね。

直ぐ傍に、大きなオフィスビルも出来ましたので、客足は減らないとは思うのですが…地下街はどうなるんでしょうねぇ…お店の人に聞いても、今は分からないと言うだけでした。

マレーシアが始めた有名な百盛百貨店は、だいぶ前に中国資本に買い取られましたが、上海高島屋もそうなるのでしょうかねぇ~…
それでも、現在の憩いの場が消滅してしまうよりは良いのかもしれませんね…まあ、雰囲気が変わらなければという条件付きではありますが…


EmoticonEmoticon