新婚旅行は一年間!?

2019年6月1日土曜日

愛情 中国 友人

t f B! P L
先日、私の中国人の友人が仲間と飲みに行ったそうです。
そこで知り合った日本人(30才代)が面白い男性だったそうで、夜遅くまで話が弾んだようですね。

A couple in dawn

その男の方は、父親の仕事関係でフランスで暮らしていたことがあり、友人も多いそうです。
以前、彼には結婚をしようとした女性がいて、結婚の話を進めたのですが、結局は、その女性のご両親の大反対に合って、彼は結婚を諦めたんだそうです。

その大反対の理由/原因は、私には考えも及ばないことでした…

私も長年生きてきており、お会いしている人々の数は、人種を問わず、少なくはないと思っております。
また、たとえ直接経験したことではなくとも、話に聞いたり、噂話に接したり、見たり読んだりしたことから、然もありなんと想像することもできます。

ですが…今回の話は、「人はそれぞれ…」という域を超えて、その有様を切り取って、自分の価値観の枠に嵌めて判断するというプロセスが機能しませんでした(>_<)

要するに、私自身の狭い小世界を意識させられたということですね。
まあ、価値観は変遷していると言ってしまえば、それだけのことなのかもしれませんがね(^-^;

その彼には決めていることがあり、それは、新婚旅行は一年間ということでした!?

それが新婚旅行と言えるのかどうかは分かりませんが…
仕事も辞めて、煩わしいことには一切関わらず、一年間、新妻との生活に耽溺するということなのだと思います。

彼が結婚したかった女性のご両親は、こんな常識外れのトンデモナイ男に嫁がせるわけにはゆかないと大反対なさったというわけです。

私の友人に、どう思うと問われて…
いつもは即答する私も、今回は、う~ん、と唸ってしまうだけでしたね(-_-;)

そのご両親のお気持ちは理解できます…
彼の希望も…学生時代であれば、然もありなんと思うこともできるのですが…かと言って、それを非常識と決め付ける気にもなれませんね…

物事の当否は、前提や目的に大きく依存しますので…

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

中国 (546) 政治 (185) 日常 (174) ブログ (126) 意見 (112) 社会問題 (90) 歴史・文化 (87) 企業 (85) 天候 (82) 仕事 (81) 国際政治 (76) 歓楽 (75) 社会経済 (73) マスメディア (68) internet (67) 国際関係 (49) 官僚 (49) (48) 健康 (42) ビジネス (41) 趣味 (39) 気候 (37) 経営 (35) 映画・ドラマ (34) 自然 (34) 人権 (33) 料理 (32) 愛情 (30) パソコン (28) 接待 (28) (27) (26) 教育 (25) 風習 (25) 祝日 (24) 旅行 (22) 性格 (20) 通信 (18) 評論 (16) メール (13) 部屋 (12) 友人 (11) 建設 (8) 音楽 (7) ペット (6) お菓子 (4) スポーツ (4) 芸術 (3)

アーカイブ

Follow by Email

QooQ