Simplify2の「このサイトは安全ではありません」問題


ブラウザのURL右に「このサイトは安全ではありません」と表示される

Blogger用のテーマであるSimplify2のカスタマイズは道半ばですが、それ以前に、首題の問題が発生しました(-_-;)

HTMLファイル内でのURLのHTTP:とHTTPS:の混在が疑われましたが、Simplify2の導入時点で直ぐに、全てのHTTP:をHTTPS:に書き換えてありますので…

ホームページには 「このサイトは安全ではありません」が表示されませんでしたので、取り合えず、ホームページには無くて、投稿ページに出る既定のアイコンや画像などを削除してみたのですが、変化はありませんでした…削り過ぎて、テーマ自体が変になったかも(^-^;

私はFirefoxを使用していますが、その説明サイトに行っても分かりませんでした。
参考になりそうなサイトも探してみたのですが、見つかりませんでしたね。

私の娘のスマホでの評価では、このテーマは見やすくて良いと言いますので、何とかしたかったのですが…もう諦めるしかないか…
と思い始めていたのですが、念のために、Simplify2に拘らず、「このサイトは安全ではありません」だけで検索してみたのです。

出てきたサイトの中に、大変参考になったサイトがありました…みちなりに!です。
そのサイトのお蔭で、問題の特定が出来たのです(^-^)

投稿画面内の関連投稿

私の場合の原因は一つだけでした…それは、関連投稿内のグレーの画像、というよりは、グレーの色を呼び出すURLでした。
投稿内に画像が無い場合には、そのサムネイル枠内がグレーで表示されます。

勿論、HTMLファイル内では、そのURLはHTTPS:と表示されています…私が、前もって、全て書き換えていたのですからね。
そこで考えましたのは、実際のURLはHTTP:となっており、HTMLファイル内でHTTPS:に書き換えても、それが反映されてないのではということです。

HTML編集画面

私のとりました手順は次のようなものです:
  1. まずは、HTMLファイル内にある、そのURLをコピーして、ブラウザで開きます。
  2. 現れた小さなグレーの画像をコピーしてPCに保存します。
  3. そのコピー画像を自分の空のブログにアップロードします。
  4. そのアップロードしたグレーの画像のURLをチェックし、HTTPS:となっていることを確かめます。(画像を右クリックしますと、URLがコピーできます)
  5. そのURLをコピーして、HTMLファイル内のgrey.gifのURLに上書きします。
    (実際の作業は、HTML編集画面を出して行います)
  6. 最後にHTML編集画面上の保存ボタンをクリックして終了です。
私の忘備録のような拙い手順ではありますが、これで「このサイトは安全ではありません」という表示とはオサラバできたという次第です。

まあ、これで、少なくとも次の問題が出るまでは、娘が気に入ったというテーマを維持することが出来ました(^^♪


【ご参考】ブログのテーマを替えました…Simplify2


PS.
箇条書きは、自動的にはインデントされませんね。



EmoticonEmoticon