久振りのアクアマリンで嫌な思い

3か月振りの接待です…初めての方です。
彼は色々なKTVクラブを経験しておられるようですが、 アクアマリンには行かれたことがないとのことで、お連れした次第です。

アクアマリンのロゴ3
会食の後、20時半ごろにアクアマリンのフロアに到着です。
妙に若作りのバトンガールのような衣装に代わっておりましたね…まあ、悪くはないという印象です(^^♪

女性の数だけは揃っておりましたので、彼には時間を掛けて選んで頂いたのですが…なんでそうなるの!?という思いを隠す努力が必要とされる結果でした…まあ、好みは個人個人で異なりますので、野暮なことを言ってはイケませんよね(^-^;

以前、たまたま彼と知り合ったバーVegaでは、彼は既に出来上がったハイの状態で、人懐っこさをもろに発揮なさってましたので、今回も、そのような感じで楽しんで頂ければという思いがありました。

カラオケでは中国の歌以外は歌いませんと言う彼は、中国語習得のために中国の歌を一生懸命に覚えたんだそうです…さすがにお上手でしたね。
100点満点が何回も出ていましたね(^O^)/

彼も酒を少なからず飲んではいたんですが、今回はハイにはならず、何故か比較的静かでした…歌うことが大好きなようで、連続して歌い続けたり、指名した娘と仲良くしておりましたので、それなりに楽しんで下さったようです。

さて、そろそろお開きという段になって彼は、実は、セット料金の350元を指名した娘に支払ったと言うのです!?

エッ、どうしてですか?…セット料金はクラブだけに関係するもので、女性たちには関係しないんですが…と問いましたところ…
彼女は、自分の売上が低いので困っていると言っていたそうで…
このままでは自分の売り上げにならないが、もし、セット料金を直接彼女に支払ってくれると彼女の売り上げになるので助けと欲しいと言われたそうです。

ムカついた女の子の顔
そんなことをしても飲み直しにはならない筈ですので、彼女の売上にはなりません…まあ、チップの二重取りでしょうね。
私の接待相手を騙すという彼女の行為にはムカつきましたね(-"-)

彼女に350元を返してもらうように言ったのですが、彼は必要ありませんと言い、彼女も返そうとしませんでした(-_-;)

精算時には、案の定、飲み直しにはなっていませんでしたね。

チップ制クラブですから、追加でチップを払うことは個人の自由です…追加チップの交渉はあっても不思議ではありません。
それでも、それは一般的ではないと勝手に思っています…そのような場面に出会ったことがないのです…私の場合だけなのかもしれませんがね(^-^;

まあ、それは兎も角として、今までそのような嫌な経験がアクアマリンではありませんでしたので、必要以上にムカつきました。
実際には、珍しいことではないかもしれませんが…