上海の雨の日

昨朝はどんよりとした曇りでしたが、雨は上がっていましたので電動バイクで事務所に出かけました…まあ、ラッキーと思いましたね(^^♪

ところが、5分も走りましたら雨が降り始めたのです(-_-;)
このまま行きますと途中でずぶ濡れになってしまいそうで、諦めて自宅に戻ったという次第です。
それから地下鉄の駅まで傘をさして歩きましたね…まあ、遅刻です(>_<)

上海の雨の日は長く続くことが珍しくないという印象を持っています。
天気予報では、10日間も雨予報の日が続くことがあります。
雨の降らない日が長く続き、雨の日も長く続くということがよくあります。
雨の日が長く続く時は、一日中降っているのではなく、降ったり止んだりの日がダラダラ続くという感じですね。

そこで、雨の日の月ごとの平均日数を調べてみました。
今回はWorld Weather & Climate Informationのデータですが、データ機関によって異なる可能性は否定できませんね。

月ごとの平均の雨の日の日数のグラフ
このデータによりますと、一年で一番雨の日が多いのは6月ではなく5月です。
なんと!5月の半分の日が雨となりますね(-_-;)…五月晴れなんて言葉はないんでしょうね。
次に雨の日が多い月は4月(今月)、そして3月と6月が同じ日数で続きます。

因みに、雨の日が一番少ない月は、10月となっています。

但し、このデータは雨の日であって、雨量ではありません。
上海で雨量が一番多い月は、 私の記憶違いでなければ、 7月だったと思います。

【ご参考】 上海は7月も雨の日が多そうです


EmoticonEmoticon