ショット・バーVega

上海でのお話です。

和食レストランも相変わらず増え続けているようですが、数多いショット・バーも、その数を更に増やしているようです。

何故か、バーテンダーなどの接客要員には女性たち(バーメイド?)が多いですね。
上海でガールズ・バーと呼ばれるショット・バーなのでしょうね…とは言っても、何がガールズ・バーなのか、最近は、良く分からないのですが…

多分、セット料金(入店料)を取るのがガールズ・バーなんでしょうね。
セット料金は、 50/80/100/150元とバーによって異なるようです。
また、女性客に対するサービスで、セット料金が半額とか、セット料金は無しというバーもあります。

KTVクラブの卒業生(?)同士がショット・バーを開くケースも良くあるようです。
将来はバーでも持ちたいと言っていたクラブの娘もいましたので、次の仕事としては考えやすいビジネスなのでしょうね。

2週間程前に、有名な上海ナイトさんとご一緒させて頂く機会があり、彼にショット・バー2件に連れて行って頂きました。
どちらのショット・バーもクラブ出身の女性たちが開いたそうですが、その一つが安龍路と仙霞路の交差点そばにあり、比較的良心的なバーだという印象をもちました。

ショット・バーVega
開店してから、未だ半年も経ってないショット・バー(ガールズ・バー?)Vegaです。
新装で中が場末な感じがせずにイイですね。

カウンター以外にもテーブル席がありますので、5~6人で行きましても楽しめますね。

隣に昨年10月に開店した和食レストランもありますので、酒のつまみや、小腹が空いたと時などは、出前を注文できます…可愛いい店員が料理を運んできますよ。
味の方もイイですね。

その料理店に料理を注文しに行った中国人の友人が、その店のママさんを気に入ったと言うので、なんで一緒に飲もうと誘わなかったんだ、とからかったのですが…
彼はその気になってしまい、その店に戻ってママさんを誘ったんです。
彼女は、お店が暇になった時に、是非、ご一緒させて下さいと言ってくれたそうです。

ショット・バーVegaの内部
Vegaバーのカウンター内には、新鮮味を感じさせてくれる女性たちがおります。
男好きのする顔の女性がもう一人いるのですが、その日の彼女は、多分、縁結びの何号店かへアルバイトに行ったのでしょう…どっちが本職か分かりませんがね(^-^;

私は、その後も、たまたま連続して数回行ってしまいました。
中国人の友人と2回行き、更に、クラブで遊んでいる顧客を待つ間、1人でVegaで暇潰しをしておりました。

バーで飲んでますと、暇つぶしに来る気さくな方もおりますので、そのような方々と話が弾むこともありますよね。

キープしているボトルを独りで黙々と飲んで、長居せずに帰る方もおります…恰好イイですね…まあ、私には絶対に真似できないことですが(^-^;

面白いことに、ショット・バーで、カウンターやテーブル席で眠ってしまう人って珍しくないんですよ。
Vegaでは、明け方5時頃までは追い出しませんと言っておりましたが、ケース・バイ・ケースでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html