コーヒー人口が上海で大幅に増えましたね

2019年1月23日水曜日

趣味 中国 日常

t f B! P L
まあ、数年前からですが、上海では、スターバックスが至る所にあります…それ程に増えました。
今では、それ以外のローカルのコーヒーショップも増えてきています。

ローカル・コーヒーショップ1
ローカル・コーヒーショップ2
中国人の友人に、中国人も余裕が出てきてコーヒーの時間を楽しむようになってきたんじゃないの、と 言いましたら、いや、それは違うと言われてしまいました。

彼が言うには、一般的に仕事が忙しくなってきて、疲れが溜まるようになり、昼間でも眠くなるのでコーヒーでも飲まなければと思っている連中が多いんだそうです…本当かいなと思ってしまいましたが(^-^;

ローカル・コーヒーショップの風味も、スターバックスやCOSTAのお陰で、大幅に改善されて良くなっていますね。

更に、一般的には安い”アメリカン”でも20元(約330円)以上はするのですが、それよりも安いコーヒーショップが出始めています。

”American”が12元(200円弱)というコーヒーショップもあります。
風味は悪くありません。
ただ、店員が一人で、現金が使えません。

安いコーヒーショップ
ある日、そのコーヒーショップで、紙コップメーカーの人と店員が紙コップの不良の件で口論していました。
面白いことに、そのメーカーの人は店員に、
「安い紙コップが欲しいというから、安い紙コップを納めたんですよ。安い紙コップは、どうしても不良が出やすいんです。だから、値段が上の紙コップを買って下さいよ」
と言い張っていたのです。
う~ん、中国的(?)な言い分かもしれませんよね…米国のビジネス風土と似ています。
店員も負けてはいなそうでしたが、その結果が出る前に帰りました。

店内には小さな丸テーブル一つだけで、テイクアウト専門のコーヒーショップも広がり始めています。

このコーヒーショップは、伊藤忠商事からコーヒー豆を仕入れているので美味しいと中国人の友人が言っています…彼の言い草に、ちょっと、違和感を覚えましたが…
まあ、価格は安めで、風味の良いコーヒーを売っています。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

QooQ