中国の靴のサイズの表示方法

靴
靴のサイズの表示方法は、世界でいくつかあります。
日本では、長さを表す❝CM❞を使いますが、中国では、何故か、欧州の❝EUR❞(UR)を使います。

中国で靴を買う時になって、アレッ、表示方法が違うので、店員に自分の靴のサイズを言えないってことになり得ます(-_-;)
その時は、合いそうなサイズの靴を出してもらって履いてみて、もう少し大きいのとか、小さいのとか言って、何足も履いて確かめることになります。

まあ、有名なブランドの靴なら、米国・英国・UR・MM(ミリメーター)の全てを表記している場合が多いですね。

地域ごとの表示方法は次の表の通りです。
世界の靴サイズ表記方法
特に、中国のネット販売で靴を買う場合には、自分の靴のサイズの欧州式数字を覚えておく必要がありますね。

ただ、靴の横幅や甲の高さまでの表示がないだけではなく、どうも種類自体がなさそうです。

日本ですと、幅の広さを表すEE・EEEなどが表示されている場合が珍しくありませんが、 中国人たちの足の横幅には、長さが同じなら大きな違いが無さそうで、日本人で言えば、幅広の足はなさそうです。

欧米人たちにも幅広の足はない、あるいは、少ないと言われていますので、中国人たちの足も似通っているのでしょうね。

これが、幅広の足を持つ方が中国で靴を買う際に注意しなければならない点ですね。

また、靴のメーカーによって、靴の表示サイズが同じでも、実際に履いてみた際に、大きさの感じが多少なりとも異なることがありますので、やはり、靴を買う時は、実際に履いて確かめた方が良さそうですよね。

ショット・バーVega

上海でのお話です。

和食レストランも相変わらず増え続けているようですが、数多いショット・バーも、その数を更に増やしているようです。

何故か、バーテンダーなどの接客要員には女性たち(バーメイド?)が多いですね。
上海でガールズ・バーと呼ばれるショット・バーなのでしょうね…とは言っても、何がガールズ・バーなのか、最近は、良く分からないのですが…

多分、セット料金(入店料)を取るのがガールズ・バーなんでしょうね。
セット料金は、 50/80/100/150元とバーによって異なるようです。
また、女性客に対するサービスで、セット料金が半額とか、セット料金は無しというバーもあります。

KTVクラブの卒業生(?)同士がショット・バーを開くケースも良くあるようです。
将来はバーでも持ちたいと言っていたクラブの娘もいましたので、次の仕事としては考えやすいビジネスなのでしょうね。

2週間程前に、有名な上海ナイトさんとご一緒させて頂く機会があり、彼にショット・バー2件に連れて行って頂きました。
どちらのショット・バーもクラブ出身の女性たちが開いたそうですが、その一つが安龍路と仙霞路の交差点そばにあり、比較的良心的なバーだという印象をもちました。

ショット・バーVega
開店してから、未だ半年も経ってないショット・バー(ガールズ・バー?)Vegaです。
新装で中が場末な感じがせずにイイですね。

カウンター以外にもテーブル席がありますので、5~6人で行きましても楽しめますね。

隣に昨年10月に開店した和食レストランもありますので、酒のつまみや、小腹が空いたと時などは、出前を注文できます…可愛いい店員が料理を運んできますよ。
味の方もイイですね。

その料理店に料理を注文しに行った中国人の友人が、その店のママさんを気に入ったと言うので、なんで一緒に飲もうと誘わなかったんだ、とからかったのですが…
彼はその気になってしまい、その店に戻ってママさんを誘ったんです。
彼女は、お店が暇になった時に、是非、ご一緒させて下さいと言ってくれたそうです。

ショット・バーVegaの内部
Vegaバーのカウンター内には、新鮮味を感じさせてくれる女性たちがおります。
男好きのする顔の女性がもう一人いるのですが、その日の彼女は、多分、縁結びの何号店かへアルバイトに行ったのでしょう…どっちが本職か分かりませんがね(^-^;

私は、その後も、たまたま連続して数回行ってしまいました。
中国人の友人と2回行き、更に、クラブで遊んでいる顧客を待つ間、1人でVegaで暇潰しをしておりました。

バーで飲んでますと、暇つぶしに来る気さくな方もおりますので、そのような方々と話が弾むこともありますよね。

キープしているボトルを独りで黙々と飲んで、長居せずに帰る方もおります…恰好イイですね…まあ、私には絶対に真似できないことですが(^-^;

面白いことに、ショット・バーで、カウンターやテーブル席で眠ってしまう人って珍しくないんですよ。
Vegaでは、明け方5時頃までは追い出しませんと言っておりましたが、ケース・バイ・ケースでしょうね。

中国で製造される日本車はやわなの!?

上海の今週は、寒さも厳しくない穏やかな日々が続いております(^-^)

それとは裏腹に、昨日、人民広場の駅からタクシーに乗って会議場に行く途中で、側面衝突事故に遭いました。

右側車線(中国では車は右側通行)を走っていたタクシーが急に左にハンドルを切った時に、左側直ぐ後ろを入っていた車がタクシーの左側面に衝突したのです。

片側二車線ですが、道幅が比較的狭い道路で、車のスピードも上がってはいませんでしたので、衝突の衝撃は大きくなく、人身事故には至りませんでした。

まあ、タクシーを降りざるを得ませんので、外に出て見ますと、タクシーのボディーは傷ついて凹んでいました。
相手の車に目をやりますと、あらまあ~、あの程度の衝撃で、なんでそうなるの?と 唖然としてしまいました。

右前輪が大きく曲がった事故車
右側前輪があらぬ方向を向いてしまっているのです(>_<)

それを見た中国人の社員に、だから、中国で製造されている日本車は弱いと中国人達は思っているのですよ、と言われてしまいました(-_-;)

そう言った本人は、三菱のランサーに長年乗っているのですがね(^-^;

コーヒー人口が上海で大幅に増えましたね

まあ、数年前からですが、上海では、スターバックスが至る所にあります…それ程に増えました。
今では、それ以外のローカルのコーヒーショップも増えてきています。

ローカル・コーヒーショップ1
ローカル・コーヒーショップ2
中国人の友人に、中国人も余裕が出てきてコーヒーの時間を楽しむようになってきたんじゃないの、と 言いましたら、いや、それは違うと言われてしまいました。

彼が言うには、一般的に仕事が忙しくなってきて、疲れが溜まるようになり、昼間でも眠くなるのでコーヒーでも飲まなければと思っている連中が多いんだそうです…本当かいなと思ってしまいましたが(^-^;

ローカル・コーヒーショップの風味も、スターバックスやCOSTAのお陰で、大幅に改善されて良くなっていますね。

更に、一般的には安い”アメリカン”でも20元(約330円)以上はするのですが、それよりも安いコーヒーショップが出始めています。

”American”が12元(200円弱)というコーヒーショップもあります。
風味は悪くありません。
ただ、店員が一人で、現金が使えません。

安いコーヒーショップ
ある日、そのコーヒーショップで、紙コップメーカーの人と店員が紙コップの不良の件で口論していました。
面白いことに、そのメーカーの人は店員に、
「安い紙コップが欲しいというから、安い紙コップを納めたんですよ。安い紙コップは、どうしても不良が出やすいんです。だから、値段が上の紙コップを買って下さいよ」
と言い張っていたのです。
う~ん、中国的(?)な言い分かもしれませんよね…米国のビジネス風土と似ています。
店員も負けてはいなそうでしたが、その結果が出る前に帰りました。

店内には小さな丸テーブル一つだけで、テイクアウト専門のコーヒーショップも広がり始めています。

このコーヒーショップは、伊藤忠商事からコーヒー豆を仕入れているので美味しいと中国人の友人が言っています…彼の言い草に、ちょっと、違和感を覚えましたが…
まあ、価格は安めで、風味の良いコーヒーを売っています。

GDPが伸びて食糧生産量は減るー中国

野犬出没安全注意の看板
(この写真は投稿内容とは全く関係ありません。使い道がなくて、ここに置かせて頂いただけです)

昨日なされた中国の国家統計局の発表 ‘18によりますと、2018年のGDP(90兆309億元≒1,485兆円)は前年比6.6%の成長であり、国民経済は総合的に順調に推移しているそうですね。
(詳細は記事になっていると思いますので、そちらをお読み下さい)

専門家の方は色んな要素に目が行くんでしょうが、私は、中国の食糧生産量が落ちていることに目が止まりました。
2018年は6億5789万トンで、前年比0.6%減(約400万トン)です。

人口‘18は、13億9538万人で、前年より530万人増えたそうです。
昨年の出生数は1523万人だそうですから、1千万人近くが亡くなっているわけで、その大きな部分が大人なのでしょうが、だからと言って、食糧の需要が減ったということもないと思います。
まあ、余分に料理を注文する習慣が薄れてきているかもしれませんが、中国人たちの食べることに対する拘りが薄れたとは思えません。
むしろ、食文化の多様化が進んでいますので、無駄な廃棄量も増えている筈です。

要するに、中国は対外政策上、食糧の輸入を増やし続けていると考える方が妥当だと思うのですが…

スーパームーンを撮ってみました

上海で昨夜、肉眼で見たスーパームーンは、次の写真に近いものでした。
大きくて奇麗に(?)に見えましたね。

月の写真
月は楕円形状に地球の周囲を回っていますので、最も近くなる時があるわけです。
地球との距離が36万Km弱まで(最遠が40万6000Km)近づくそうです…その時の満月または新月を占星術でスーパームーンと言っていたそうです。
(スーパームーンの解説サイトは沢山ありますので、詳細は、そちらをご参照下さい)

その時が昨日21日だったということです。
現象は14時頃からとのことでしたが、まあ、月は見えませんので、夜間に外にでて拝見したわけです。

手持ちのデジカメ(COOLPIX A100)で夜景+手持ち設定にして撮ったのですが…

スーパームーン1
スーパームーン2
スーパームーン3
奇麗に撮れた撮れない以前の問題で、まあ、意味のない写真となってしまいました。
何故って、肉眼で見た月とは全く違う、光り輝く月の写真なのですから…

まあ、撮り方が下手なんですねぇ~(-_-;)

真冬の寒さを物ともしないアピール

上海の街を歩いていて、スカートの女性が多いとか少ないとかを意識することはなくなりましたね。

それでも、滅多に見られない、しかも寒い真冬に、次の写真のような光景に出くわしますと…

さすがに、ギョッとして、目がいってしまいますよね(^-^;

見た瞬間に、日本人女性よ、中国では止めてくれぇ~と、何故か、思ってしまったのですが…中国人女性でしたね。

ストッキングをはいているんだろうって仰るんですか?
初めは私もそう思いました…でも、どう見ても素肌なんですよね。
露出している太腿が寒さでちょっと赤くなっていました…そそられる以前に、やめてくれえ~と思ってしまいます。

写真を撮るために、わざと、離れたんですが、それまでは直ぐ後ろを歩いていたんです。

どちらの写真がお好きですか?

Tags
古い古いデジカメ…2003年12月に発売されたニコンのCOOLPIX3700を今でも使っています…15年になりますが、故障したことが全くありません。
【ご参考】★ ブログ用の望遠デジカメ

そのデジカメで撮った写真と、その写真を補正したものを掲載します。
あなたは、どちらの写真がお好きでしょうか?
各写真をクリックして拡大して見て下さい。明らかに違いが分かります。

ビルの清掃作業

補正しない写真
ビルの清掃作業
補正した写真
ビルの清掃作業ー補正した写真

ビルの清掃作業を同じ場所から3倍ズームで撮った写真

補正しない写真
ビルの清掃作業を同じ場所から3倍ズームで撮った写真
補正した写真
ビルの清掃作業を同じ場所から3倍ズームで撮った写真を補正したもの

公園の池のオシドリ(3倍ズーム)

補正しない写真
公園の池のオシドリ(3倍ズーム)
補正した写真
公園の池のオシドリ(3倍ズーム)を補正したもの

比較して見ますと、補正した写真の方が明度が高くてコントラストがハッキリしています。つまり、補正した写真の方が綺麗に見えます。
ですから、上の写真で、清掃作業員を視認することが目的なら、補正写真の方が明らかに良いですね。また、オシドリそのものを意識するなら、補正写真の方が綺麗です。

しかしですね、その日、写真を撮った時刻の天候は、真上の空を見上げると晴れなのですが、遠方を見るとモヤがかかったように霞んで見えたのです。
従って、ファインダー(COOLPIX3700には付いています)から見た景色は、正に、補正しない写真通りに、ボンヤリしたようなスッキリしない見え方だったのです。

どちらの写真が良いというお話ではありません。
とても古いニコンのデジカメでも、肉眼で見えた通りの自然色に近い写真が撮れますということを申し上げたかっただけなのです。

ブログ用の望遠デジカメ

望 遠


ブログに投稿したい場面に出くわした時に、写真を撮りたいと思うことがあります。
その際に、近づいてカメラを…たとえスマホでも…向けることをためらうことがありますよね。

カメラを向けられることを相手が嫌がる/怒るのではと考えてしまうからです(-_-;)

その時に、10倍程度まで奇麗に撮れるデジカメが欲しいなあ~と思ってしまいます。

勿論、人格権としての肖像権の問題に注意する必要があります。
それでも、一旦、奇麗に撮れますと、掲載時に本人が特定できない程度にボカスこともできます。

望遠で奇麗に撮れないデジカメですと、ボカス必要もなくなりますが、掲載する必要もなくなりますよね(^-^;

どうせ望遠を買うなら、旅行などで、近くに寄れない鳥や花を撮りたくなった際に、光学20倍程度あった方がイイだろうなあと思います。
但し、仕事で持ち歩く手提げ鞄に放り込んで置ける程度の大きさが限界となります。

強 度


デジカメに関するサイトは沢山ありますので、参考にできます。
それでも、何故か、強度(壊れにくさ)に言及しているサイトをあまり見かけません。

昔々の、ある有名なカメラメーカーのフラッグシップ機のお話なんですが…
それを旅行に持って行き、海岸のテトラポットの上で石の欠片を挟んでカメラを据えて、セルフタイマーで写真と撮ろうとしたのです。
ところが、カメラが傾いてレンズの方からコトッと落ちてしまったのです。
高さにして、精々、5cm程度でしたね。

それから、焦点が合わなくなってしまいました(-_-;)

当然だろうと仰る方もおられるかもしれませんが、う~ん、オーディオ製品ですと、ソニーをイメージさせてしまう現象でしたね。
カメラなんて、持ち歩いていて、コツンとぶつけてしまったりすることは珍しくないと思うのです。それで壊れてしまったというのでは…

また、スマホでも、1m近い高さから落としてしまうこともありますよね。
まあ、下がコンクリートなら壊れてしまうかもしれませんが、床が板張りですと問題ない場合が多いと思います。

ですから、デジカメでも、どうしても強度を意識してしまいます。
その点、強度に拘りを持っていると言われているニコンにどうしても目が行き勝ちになります。

値 段


i-Phone 7
友人がi-Phone7sを持っています。メモリが256Gで10万円以上もしたそうです。
それで撮った写真がとても奇麗なんですよねぇ~。
私は、i-Phoneが買えるのであれば、ブログ投稿用の写真は、それで充分すぎるぐらいだと思います。

私のスマホは3万円弱の中国品(Huawei)です…中国製と書くと、ちょっと誤解してしまうこともありますよね。
4年過ぎましたが、バッテリーの交換もせずに、全く問題なく使えてます…背面版が剥がれて、ちょっとパクパクしますが、セロテープ(?)で張り付けて、特に問題ありません(^-^;

写真も動画も撮れます…悪くはないですが、i-Phone7sと比べますと、かなり見劣りします(-_-;)
【ご参考】
★ 皆既月食 -上海

スマホ+デジカメ≒10万円近い➔これは避けたいですね。
何故なら、それならi-Phoneを買うことを検討します。

スマホの買い替えは、多分、4万円程度の価格が対象になると思いますので、望遠デジカメの価格は3万円前後を考えざるを得ません。

検討対象機種


綺麗な写真のために撮像素子の大きさが良く言われますが、1/2.3型のCMOS(裏面照射)であれば、写真を拘りの趣味にしていない方なら、撮影した写真を充分に綺麗と感じると思います。
夜景や薄暗い場所での撮影に拘るなら、このクラスでは、無理かもしれませんね。

〇 COOLPIX A900

COOLPIX A900

2016年に発売された光学35倍のニコンのCOOLPIX A900です。3万円未満で買えると思います。
後継機のA1000が発表されるだろうとの推測もありますが、販売されたとしても4万円は超えるでしょうね。
この機種の弱点(?)は、夜景や薄暗い場所なのかもしれません。
夜景や薄暗い場所では綺麗に撮れないというコメントが目に付きます。
尤も、そのようにコメントされるのは、この機種だけではありませんので、このレベルのデジカメに共通する弱点なのかもしれません。

〇 キャノンのSX720HS

SX720HS
同じく2016年に発売された光学40倍のSX720HSです。
2017年に発売されたSX730HSもありますが、自撮りに拘らなければ性能に殆ど差はないようですので、2万円台の前半で買えるSX720HSで良さそうですよね。
SX740HSも販売されていますが、まあ、4万円以上の予算になってしまいます。
キャノンですので、無難なデジカメと言えますでしょうね。

〇 Cyber-shot WX350-B

Cyber-shot WX350-B

ソニー の光学20倍Cyber-shot WX350-Bです。
販売は、2014年ですから、ちょっと、古すぎるかもですが、2万円チョットで買えそうです。
その後の機種になりますと、4万円近くなってしまいますので、対象外となってしまいます。
夜景や薄暗い場所でも綺麗に撮れるようです。このクラスで、他のメーカーが追随できないソニーの優れたところなのかもしれませんね。
まあ、新品の不具合や壊れやすいというコメントもあります…ソニーらしいとも言えそうです。
ただ、レビューのサイトでは色んなメーカーの色んなデジカメでも、不具合が発生したというコメントが結構ありますので、ソニー特有の問題ではないのかもしれませんね。

他にも色々な機種がありますが、3万円前半までの予算となりますと、かなり限られてきます。

それで、


どれにするのかということになるのですが、店頭で弄ってみてということになります。
(ソニーのCyber-shot WX350-Bは古すぎて店頭には置いてないかもしれませんが…)

その場で撮った写真をモニターに映して拡大してゆき、ボケの程度を比較したりします。

ソニー製品はあんまり好きにはなれないのですが、現時点では、それでもCyber-shot WX350-Bにそそられています(^-^;
理由は単純で、安いということと夜景や薄暗い場所でも綺麗に撮れるという長所です。(本当かどうかは確かめてませんが…)

ただ、ソニーの伝統的な色彩は、嫌いではないのですが、ソニー特有の人工色ですので、それが気になると言えば気になりますね。
尤も、このレベルでそんなことを言うと笑われるのかもしれませんがね(^-^;

何故ニコンに惹かれるかといいますと、自然色への拘りと耐久性ですね。
キャノンは、最もポピュラーなメーカーですので、買っても大丈夫という安心感を与えます。まあ、私の好きではないトヨタと似たような感じです。

ところで、


プロのカメラマンと話をする機会がありました。
スナップ写真に限定するなら、リコーのGR(間もなくIII)に定評があり、プロでも使っている人が多いそうですね。
これは単焦点カメラです…つまり、望遠がありません。
そして、価格は6万円を優に超えます…中古品でも人気が高いために大幅に値崩れしませんね。

彼には、予算に限りがあるなら中古品をと勧められました。
それなりの店で買うなら、殆ど問題はないと言っていましたね。
つまり、綺麗に撮れるという点で良いカメラは、年数を経ても良いカメラなので、中古品を探すのも良い手だということです。
ただ、操作性という点では、新しいモデルの方が優れていますでしょうね。

ついでに、


私は2004年に購入したCOOLPIX3700を今でも使っています。
故障がないので、捨てることもできません。
発売されたのは2003年12月ですね。

COOLPIX3700
まあ、操作性や反応性などの性能という点では今昔の感があります。
例えば、撮った後のSDカードへの記録に一呼吸か二呼吸掛かります(-_-😉
それでも、それなりに綺麗に撮れるんですよ…信じられませんか(^-^;

【ご興味があるかも】
★ どちらの写真がお好きですか?

【分かりやすい解説】
★ お気軽な“旅カメラ”に光学30倍以上の高倍率ズームコンデジはいかが?

Bistro Fioreでのライブ・コンサート

Bistro Fiore
伊犁南路沿いで、古羊路と紅松东路の中間にあるBistro Fioreで昨夜ライブ・コンサートが行われました。
時々開催していて…次回は、2月19日だそうです。

ビストロは、フランス語で「小さな居酒屋」という意味です。
そのビストロもこじんまりしていますが、一階フロア―はカンター式で、二階と地下にテーブル席があります。
ですから、イタリア料理店で見かけるような、小さなワンフロアーだけのお店とは違います。

Bistro Fiore 1階
コンサート会場はステージがある地下で、午後6時から9時まで行われました。
予約した場合は110元(約1,800円)、当日は150元でしたね。
料理10品目の食べ放題が付きます…値段にしては美味しいですよ。

胡弓と電子ピアノの演奏
始まりは、お姉さん二人による胡弓と電子ピアノの演奏です。
イイ音を奏でていましたね。

月に一回好きな歌の編曲を楽しむ音楽家
この音楽家は、独りで好きな歌を編曲し、それらを披露なさっておられる方で、ミュージシャンとしての雰囲気はともかくとして、楽しませてくました。

うるさいとか注意されることもなく、食事をしながら、おしゃべりに興じるにはもってこいのムードでしたね(^^♪
お一人だけで行かれても、会場で友達をつくれる雰囲気ですが、できれば、お友達と一緒に行かれた方がより楽しめると思います。

バンドは、年配者中心と若手中心の二グループが演奏して下さいましたが、演奏された曲の年代には関係なく、もう一つ気持ちが乗り切れない/演奏に入っていけいない印象をもってしまいました。

ただ、二千円程度の費用でライブ+食べ放題となりますと、演奏に本格的なプロを期待すること自体に無理があります。

上海で老体(?)に鞭を打ち、中国人たちと一緒に己の趣味を高めていっている日本人たちに感銘を受ける場面に接するという喜びを感じることができると思います。
私は楽しめました(^-^)

ブログの整理

このブログも投稿数がちょうど900になったのをキッカケに、つまらない投稿は削除しようと思い立ち、いくつかを削除しました。

IBMホームページビルダー8

数からしますと多くはないのですが、年数は、2006年にIBMのホームページビルダーV8で始めたホームページから数えますと、12年になります。
http://park7.wakwak.com/~simple/

そろそろ、不必要な投稿は削除するなど、ブログ全体の整理を始めるのもイイかなと思い始めています。

他の方々からしますと、私のブログ自体が不必要となってしまうのでしょうが、まあ、それはそれとして、このブログに関しましては、私の目から見ての判断になります(^-^;

整理のための判断基準を考えた際に、面白く感じましたことは、比較的にアクセス数が多い知識や情報を提供する投稿は時間と共に、その価値が消えてゆく場合が多そうだということです。

例えば、Windows 7や8からWindows 10への移行に関する経験談めいた投稿は、今となっては不必要な情報で、むしろ、間違った印象を与えてしまうことになりかねません。

捨て置かれた車輪と荷物運搬用の一輪車
そのような投稿は情報としての価値を失い、精々、自分にノスタルジーを感じさせてくれる日記程度の位置づけになるだけです。

ところが、一見、無駄な/無意味な内容に見えます天候や気候に関する投稿は、Googleのスクロールでもインデックスに登録されない傾向にありますが、これが年数を経るととも意味をもってくる場合があります…つまり、データ化されてくるのです。

雪、暑夏、雨、曇り

ある特定の場所での、あの時の天気はどうだったかなと知りたくなる時もあるのです…その時に、意外と役に立つ情報を提供してくれるのです。
まあ、それでも、自己満足の域をはみ出す程のものではりませんが(^-^;

そのように、つまらん内容と思いつつも、長年ブログを続けてますと、 知らず知らずのうちに、個人的な楽しみに何かと役に立ちそうな記録になったりもします(^^♪

そんなわけで、削除対象にする投稿を選ぼうとしましても、なかなか思い切れない面があるのです。

まあ、部屋の整理で、殆ど必要ないだろうと思う物でも捨てきれないという心情に似ていますでしょうね(^-^;

尤も、本当に必要なものだけを残すと割り切りますと、半分ぐらいになってしまうかもしれませんね…もっと減らせるだろうとは言いっこなしですよ(-_-;)

小説「ライトニング」ディーン・R・クーンツ

Tags
小説ライトニング
昔に読んだ小説の件(くだり)で記憶に残っている部分です。
実際に著者の言葉なのか誰かの引用なのか覚えていません(-_-;)

小説「ライトニング」ディーン・R・クーンツ (野村芳夫訳)Lightning  by Dean R. Koontz  Copyright 1988 by Nkui,Inc.
「人間の存在において最大の不幸の一つは、単に生きていると言うだけでは幸福ではなく、他人の不幸を糧にしなくては幸せになれない者がいることだ」
納得している自分も問題かな?とも思うのですが…

ペットへの深すぎる愛情…過保護!?

★ スマホで飼い猫を観察している社員の続きのようなお話です。

雄の毛毛(MaoMao)ちゃんが去勢手術を1月1日に受けたそうです。
飼い主の女性社員は「去勢」という言葉を知らないようで「うちの猫がキンタマを取る手術をしました」と言ってきました(^-^;

去勢手術後の毛毛ちゃん
彼女は、猫の看病をするので2日と3日は会社を休みますと言います。
有給休暇もありますので、私もダメだとは言えませんでした。
(中国は1月2日から仕事です)

そして3日なり、明日は出てくるだろうと思ってましたら、微信で「私から離れようとしないので、明日も休みます。必要な仕事は自宅でやります」というメッセージが入ったのです(>_<)

飼い主の手を放さない毛毛ちゃん

ビデオまで送ってきて、離れ難さをアピールします。

やはり、ダメだとは言えません(-_-;)

彼女は、自宅にいてもメールの入電をチェックし、必要な交信を行い、それなりの仕事はしますので、出社しなければ出来ない仕事が滞らない限りは問題ありません。

まあ、日本の実質的な活動は来週月曜日(7日)からですので、急用は発生しないことを彼女も知っている訳です。

彼女の猫(犬も?)に対する愛情は、ある意味、筋金入りです(^-^;
我々の事務所が入っているビルの敷地にも野良猫がおりますが、彼女はペットフードをやっています。
しかも、餌をやっているのは彼女だけではありませんので、その野良猫は丸々と太っています。

それはそれで問題なのかもしれませんが…

しかし、猫でこれですから、彼女に彼女自身の子供が出来たらどうなるんだろうと思いますと、ゾッとしてきます(-_-;)


PS.(2019年1月8日)
毛毛ちゃんは、首に取り付けた保護板も取れて、今では元気にジャレついているそうです。
彼女は、あの子は、何事もなかったかのように元気なので、キンタマが無くなったことが分かってないようだと言ってました(^-^;

仕事始め!?…中国

役所

中国は今日が仕事始めです…と書くのは良くないですよね。
どうも、この言葉は「お上」的(?)な発想のように思うのですが…

何故なら、年末年始でも色々な分野で働いておられる方々は少なくありませんので、そのような方々に対する心遣いが皆無な言い方ですよね(-_-;)

とは申しましても、色んな中小企業が入っているビル…弊社もその一員なんですが…そのビルでは、今日から仕事開始の会社が多い筈なのに、明らかに出入りする人の数が少ないですね。

春節を2月5日に控えてますので、年末年始で地方に帰省した人たちが多いとは思えませんが…


【ご参考】
 ★ 国民の祝日って、本当に国民のためのもの!?

新年の餅つき

上海高島屋で新年の餅つき&販売を行っていました。
樽酒の振る舞いもやっていましたね。

上海高島屋の餅つき会場
小さな子供たちも参加して、親たちは写真を撮るのに余念がありませんでした。

子供の餅つき
子供の餅つき2
主催者たちも、おっかなビックリに餅つきを楽しんでましたね。

主催者の餅つき
危なっかしい餅つき
つきたての餅を販売してまして、私はアンコとキナコの餅を一個づづ、二個合わせて20元(約330円)で買いました。

アンコとキナコの餅
このようなイベントでは、日本じゃないからこんなものか…と思ってしまうことが珍しくないんですが、これが真面に美味しかったので、嬉しかったですねぇ~(^^♪

もう一個食べたいという衝動に駆られたのですが、やはり、売り場に二度も顔を出すのは恥ずかしくて思い止まりました…小心者なんです(-_-;)

上海のスーパーで売っています一般的な餅は、日本の餅とは違って、粘りが殆どないのです…まあ、うるち米で作った団子に近いかもしれませんね。

ですから、多分、日本とは違って、中国での老人たちの餅の事故死は多くはないでしょうね。

上海の元旦

閑散とした道路

中国は12月30日から1月1日(元旦)の今日まで休日です。

午前中は、寒そうな風景の中で閑散としています。

普段は忙しそうに行き交っている宅配便の電動自転車(電動バイク)も、たまに目にするだけですね。

午後に公園に行きました。
釣り人がおりました…何も、元旦から趣味で生き物を傷つけることもないと思うのですが…

公園で釣りをする人

更に、結婚用のアルバム写真を撮っているカップルがおりました。
寒い曇り日で気の毒な感じがしましたね。
3~4日掛けて撮る人たちも多いと聞いています。

公園で結婚用アルバム写真の撮影

新年の挨拶も微信で

微信(WeChat)

新年になったばかりですが、いつもと変わらず、外は暗いです(^-^;

新年の挨拶のメッセージを微信(WeChat)で中国人の社員たちに送りましたら、即座に挨拶を返してきましたので、ちょっと、ビックリしました。

深夜でも起きていたのです。

「まだ起きているの!? 新年の本番は2月(春節)だろう」と再度メッセージを送ったのですが、彼らの返事はスマイルマークでしたね。

TVでは、大晦日の特別番組が年越しの瞬間まで放送されています。
歌番組が主なようです。

確かに、中国人たちにとっては春節は大切な祝日です。
それでも、欧米文化の影響をもろに受けてきている現役たちにとっては、日常では新暦に基づいて行動しており、仕事上でも12月は会計年度の〆の月です。

だから、中国もいずれは、新暦の新年を祝うようになるだろうとは思わない方が良いです。

何故なら、新年よりもクリスマスに重心を置く欧米文化を思い浮かべますと、中国で春節と新年が共存してゆくと考える方に妥当性がありそうです。

上海から新年明けましておめでとうございます

Tags
亥年年賀状
今回は、上海での年越しとなりました。多分、2回目と思います。

公私共々、色んな問題/課題が年を越してしまいましたが、新年が始まると共に、今年こそは穏やかな年になって欲しいと、マスメディア関連以外の方々は思われるのではないでしょうか。

せめて元旦ぐらいは何も考えずに、例年通りに、ゆ~ったりと過ごしたいですね(^-^;

旧年中は、各方面の方々に、公私共々、大変お世話になりました。
改めまして感謝申し上げます。

勝手ではありますが、本年もよろしくお願い申し上げます。