中国共産党員の資格審査が厳しくなった

11月も今日で終わりで、明日からは師走(本当は、陰暦なんですが)に入ります…
但し、陰暦も使用する中国では12月は、特別な月ではありません。

中国共産党旗
中国の国旗ではありませんよ
中国共産党の党旗です

私が結婚式に出席して祝辞も述べたこともある友人の中国人は既に共産党員になっているものと思っていたのですが、どうも未だ最終審査の段階だったようです。

5年ぐらい前までは、共産党に入党することに難しさはなかったそうですが、党内の腐敗問題が余りにも大きくなったために、入党資格審査を厳しくしているようですね。

入党申請してから、2年程度の学習が必要とされ、3か月ごとのレポート提出義務が課されるそうです。

学習内容の詳細は分かりませんが、共産党の思想(習近平国家主席の思想も含む)や綱領(政策・方針)などを学ばせ、その理解を確認する作業のようですね。

家族・親族等の調査もあるそうです。
彼の奥さんは我社の社員ですので、彼女の人となりをチェックするために、私も昨日若手共産党員二人にインタビューを受けました。

礼儀正しく好感の持てる男女に、彼女に関して確認された主な内容は;
  • 勤務態度
    (仕事ぶり、遅刻・欠勤など)
    .
  •  経済問題
    (会社での金銭上のトラブル)
    .
  • 不法行為
    (公安にお世話になったか)
    .
  • 人格(誠実か否か)
でしたね。

インタビューの最後には、私が確認した内容が既に印刷されており、各項目問題なしとなっている書面に、アテストする署名をし、会社印を押印したという次第です。

彼も、9千万人(9千人ではありませんよ(^-^;)にも及ぶ中国共産党の一員となるわけですね。



PS.
日本はバカなことをやっている場合じゃない、基本から考え直して本当に建設的な政治・行政にしなければ、と考えるのか、こりゃあ~ダメだわ、と諦観するのか…まあ、人それぞれなんでしょうが(^-^;

【ご参考】
★ 人それぞれの感じ方


EmoticonEmoticon