無人コンビニにたむろする老人

2018年11月21日水曜日

ビジネス 中国

t f B! P L
中国で無人コンビニが広がっているかのような報道もありますが、果たして、そうでしょうか…

アリババが投資した無人コンビニは、杭州を中心として展開されましたが、アリババは、最近、破綻宣言をし、有人のコンビニに衣替えをしているそうです。

大きな原因は、無人コンビ店内のエアコンが快適な空間を作り出しているため、買物をしない老人たちがたむろするようになり、買物客が敬遠するようになってしまったことにあるそうです。

冷たい風を出しているエアコンのイラスト
店内で老人がたむろする例
店内で老人がたむろする例で、
無人コンビニ内ではありません。

アリババは、それと並行して、有人コンビニの「喜士多」(C-STORE)を買収しましたね。

有人コンビニ「喜士多」
有人コンビニ「喜士多」

「喜士多」は中国で500店舗ほど展開しているそうです。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

中国 (546) 政治 (187) 日常 (174) ブログ (125) 意見 (112) 社会問題 (91) 歴史・文化 (86) 企業 (85) 天候 (82) 仕事 (81) 国際政治 (75) 歓楽 (75) 社会経済 (73) マスメディア (68) internet (67) 国際関係 (49) 官僚 (49) (47) ビジネス (41) 健康 (41) 趣味 (40) 気候 (37) 経営 (35) 自然 (34) 人権 (33) 映画・ドラマ (33) 料理 (32) 愛情 (30) パソコン (28) 接待 (28) (28) (26) 教育 (25) 祝日 (24) 風習 (24) 旅行 (22) 性格 (20) 通信 (18) 評論 (16) メール (13) 部屋 (12) 友人 (11) 建設 (8) 音楽 (7) ペット (6) お菓子 (4) スポーツ (4) 芸術 (3)

アーカイブ

Follow by Email

QooQ