海外事務所の現地人社員は召使ではない

多分、今では良い意味で変わってきている
のでしょうが、昔の海外の駐在員には、
取引関係の訪問者たちの世話を、公私にわ
たって、させられるという日常がありま
した。

そのような時代でも、仕事に関係しない
訪問者の世話(観光案内など)を仕事の時間
内にするということは、殆ど無かった筈で
す。

仕事関係の日本人の訪問者の世話を日本人
の駐在員が行うというもので…基本的に、
現地人に任せることはしなかったと思いま
す。

ある程度の海外経験がある方は理解できて
いると思いますが、我々が現地人と接する
時には、日本人に接する時の何倍か神経を
使います。

文化の違いから、考え方・受け止め方が
異なっている点が少なくありませんので、
仕事以外では特に気を使います。

アジアの人々の中には、日本人は自分たち
を数段下に見ているという意識を持ち、
快く思っていない人たちが珍しくありませ
ん。

従って、余りにも軽率に私的で無体な要求
を出しますと、その場ではOKしてくれて
も、凝り(しこり)として残る可能性が高い
です。

今でも、海外の事務所の現地人社員は
私的な用事でも自由に使えるという、
大いなる勘違いをしている日本人がおりま
す…困ったものですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html