日向に移動したくなる季節

Tags
朝露
早起きをして、ちょっと清々しい朝露の雰囲気に触れたいと思い、外に佇みますと、日陰から日向に移動したいと思ってしまう季節となりましたね。

海外事務所の現地人社員は召使ではない

Tags
サービスボーイ
多分、今では良い意味で変わってきているのでしょうが、昔の海外の駐在員には、取引関係の訪問者たちの世話を、公私にわたって、させられるという日常がありました。

そのような時代でも、仕事に関係しない訪問者の世話(観光案内など)を仕事の時間内にするということは、殆ど無かった筈です。

仕事関係の日本人の訪問者の世話を日本人の駐在員が行うというもので…基本的に、現地人に任せることはしなかったと思います。

ある程度の海外経験がある方は理解できていると思いますが、我々が現地人と接する時には、日本人に接する時の何倍か神経を使います。

文化の違いから、考え方・受け止め方が異なっている点が少なくありませんので、仕事以外では特に気を使います。

アジアの人々の中には、日本人は自分たちを数段下に見ているという意識を持ち、快く思っていない人たちが珍しくありません。

従って、余りにも軽率に私的で無体な要求を出しますと、その場ではOKしてくれても、凝り(しこり)として残る可能性が高いです。

今でも、海外の事務所の現地人社員は私的な用事でも自由に使えるという、大いなる勘違いをしている日本人がおります…困ったものですね。

どっちの意味?

どっちの意味のイメージイラスト
日本語で、「ひらがな」で書いた時に、どちらの意味か、判断できない場合があります。

それは「漢字」の場合にもあります。
例えば、「辛い歌」と「辛い歌」です。
「辛い」には、「からい」と「つらい」
の二つの意味があります。

上記の「辛い歌」がどちらの意味なのか判断ができません。

からい歌という表現は一般的ではないかもしれませんが、言えないこともないと思います。

しかし、そのような曖昧さがあるのは、日本語だけではありません。

英語で、“hot dishes”と言われても、辛い料理なのか熱い料理なのか分かりません。

日本政府は腕をこまねいているだけ

艦隊
内戦下のシリアで拘束され、3年4か月振りに解放された安田純平氏に関する妥当な考え方は、次のようになると思います。

彼はフリーのジャーナリストとして、明らかに危険な地域に自己判断で行かれた訳ですが、自己責任云々に関係なく、拘束されますと、日本政府は成り行きを見つめるだけになります。

テロリストが身代金の要求目的で日本人を拘束した場合、日本政府は、基本的に、身代金の支払いを拒絶します。

その理由は、もし、日本政府が身代金を支払いますと、それを目的とした日本人の拘束が世界各地で行われる可能性が高まるからです。

ビジネスや観光で海外の多様な地域にいる日本人たちの身に危険が及ぶことになります。

更に、拘束された日本人救出のために武力を行使することもできません…憲法下で許可されていないという解釈です。

日本国は、他の独立主権国家とは異なる制約下にあります。

腕をこまねいてる

つまり、日本国民は国内では、不当な身の危険から守られますが、海外では運を天に任せるという面があるのです。

要するに、身代金目当てで拘束された日本人が、日本政府に助けて下さいと訴えても、日本政府は腕をこまねいているだけなのです。

11月の上海の会社の臨時休業

警官バイクが同行する政府高官の車
いやあ~、さすがに驚きましたね。

「上海国際輸入博覧会」が11月5日~11月10日に開催されるそうです。

それに習近平国家主席が視察なさるので、4日~6日の間、会社は休業となります。

まあ、過去の日本でも、天皇陛下の行幸となれば、行幸先の通常の活動はお休みとなった時代もあるのでしょうが…


【ご参考】
★ 9月~11月は閉まる店もある!?

PS.
フランス車であるシトロエンの公式サイトの写真を拝借しました。
シトロエンは乗り心地が素晴らしく、猫足の代表のようにも言われていましたが、プジョーの傘下に入った後はどうなっているんでしょうね…上海でも時々見かけます。

同僚の親父さんは、乗り継いできた車の中ではシトロエンが一番良かったと言っていたそうです。

艶やかな着物姿と雷門

本当に久し振りに浅草の雷門の浅草寺に行ってきました。

艶やかな着物姿と雷門
艶やかな着物姿と雷門

先々週の日曜日で人集りが凄くて、雷門を潜っただけで引き返しました。

いやあ~、驚きましたねぇ~…人の多さにではありませんよ(^-^;

和服姿の若い男性
着物姿の若い男性もいました

若い女性たちの艶やかな着物姿があちこちで見られ、見惚れてしまったのです。
綺麗な着物姿の若い女性たちが繁華街のそこかしこにいるです。

写真を撮っていたり、仲間同士ではしゃいでいたり、お店を覗いていたり、紙のエプロンをしてラーメンを食べていたり…

繁華街の着物姿の若い女性たち
繁華街の着物姿の若い女性たち

彼女らの存在が、明らかに、街に華やかな雰囲気を醸し出していました。

私の見たとろろでは、全て外国から来た方々です…いわゆる、外人です。

彼女らが、日本の艶やかな着物を目にして、一度は着てみたいという欲望に駆られても不思議はありません…それ程に、女性の着物姿は美しいのです。

日本サイドからみますと、トータル・コーディネイト込みの和服のレンタル・ビジネスなんでしょうが、その和服をレンタルした外国の若い女性たちが、期せずして、街に華やかな活気を与えてくれているのです。

我々日本人が日常の中で失ってしまった日本の美を外国の若い女性たちが蘇らせてくれているかのようです。

富岡製糸場(世界遺産)

繭を保管する東置繭所
長さ100mの東置繭所(ひがしおきまゆじょ)
1階が事務所で、2階が繭の倉庫
繭

製 糸

先日、2014年6月にユネスコの世界遺産に登録された、群馬県富岡市にある「富岡製糸場」の見学に行ってきました。

自分の常識の無さをひけらかす訳ではありませんが(^-^;…製糸といえば、糸を造る/糸をつむぐことだと思ってました。

糸には色んな種類がありますよね…
木綿、羊毛、絹、麻、ナイロン、ポリエステルなどなど…それらの糸を造るのが製糸だと思っていたわけです(-_-;)

ところが、日本で「製糸」と言えば、蚕(カイコ)から絹織物の原材料となる生糸を造ることを意味するのですね。

因みに、他の糸の製造、と言うよりは、一般的に糸を造ることを「紡績」と言います。

明治から昭和初期にかけて生糸と絹製品は緑茶ともに日本の外貨獲得の重要な商品・産業であったので、製糸=主に生糸の製造を指すようになったそうです。

富岡製糸場は官営模範工場

明治政府は、殖産興業政策で、率先して新しい産業を興すために官営模範工場を創設しました。

八幡製鉄所、造幣局、富岡製糸場は日本三大官営工場と称されるそうです。

製糸の近代技術は、当初、日本産生糸の主な輸出先であったフランスから導入すことに決め、明治政府は設立指導者のポール・ブリュナと1870年(明治3年)に契約を交わしました。

それと同じ年に、建設地は富岡と決定されます。
決定理由は次の通りです:

  1. 養蚕が盛んで、原料繭が確保できる
  2. 工場建設用の広い土地がある
  3. 外国人指導の工場建設に住民が同意
  4. 既存の用水が製糸に利用できる
  5. 燃料の石炭が近くの高崎で採れる
ブリュナを首長とする、教師、医師等も含む、富岡製糸場に滞在するチームも決まりました。

富岡製糸場で働く工女たちの労働・生活環境も配慮した人員となっています。

実際に、工場敷地内に診療所も設けられました。

余談ですが…遥々フランスからやって来たものの、刺激がない退屈な富岡の生活に耐えきれず、ちょくちょく横浜に遊びに行き、仕事に支障をきたして、終に首になってしまった青年もいたそうです。

来日したフランスのチーム
富岡製糸場に滞在したブリュナを
首長とするチーム

万全の体制を敷いた筈だったのですが、工女募集の通達を各地に出しても、応募する工女が一向に集まってこなかったそうです。

昔、聞いたことのあるようなお話ですが、フランス人が飲む赤ワインが血だというデマが流れ、富岡製糸場に行くと生き血を取られるという噂が立ったためです。

一計を案じた工場長が、自分の娘を工女として採用することにより、徐々に噂を打ち消して行き、予定より3か月遅れで工女を集めることが出来たとのことです。

当時、世界最大規模と言われた300人の工女を集めて操業開始したのは1872年(明治5年)です。

東置繭所のアーチ型玄関に掲げられた操業開始年
東置繭所のアーチ型玄関に掲げられた
操業開始年
波浪と太陽の屋根飾り
近代産業の黎明を表す
波浪と太陽の屋根飾り

近代技術で操業される製糸工場は、指導者を育てるという目的も持ち、各地から集まった技術伝習工女たちは、技術習得後に指導者として、それぞれの地元に帰ってゆきました。

蒸気機関を使ったフランス式繰糸作業現場
蒸気機関を使ったフランス式繰糸作業現場
繰糸作業実演

1877年(明治10年)以降は、長野県、山梨県岐阜県が代表する東日本を中心に生産が行われました。

設立を指導したブリュナは、1875年(明治8年)に契約満了となり、その2年後に帰国しています。

官営模範工場としての富岡製糸場は、1893年(明治26年)に役目を終え、三井家へ払い下げられました。

繰糸工場
かつての工場内だが、
機械は日産のフルオートメーション

日産の繰糸機械
日産の繰糸機械で
フルオートメーション

『あゝ野麦峠』と富岡製糸場

昔の製糸工場と聞きますと、ああ、あの野麦峠ね、と反応する方々が少なからずおられると思います。

「あゝ、野麦峠」は山本茂実氏が1968年に発表したノンフィクション文学で、副題は「ある製糸工女哀史」です。

日本の製糸業者の多くは10人繰以上30人繰未満の中小規模業者が中心で、寄宿制と低賃金、劣悪な労働環境で働く製糸工女が存在していたそうです。

その状況を題材にしたノンフィクション文学なのですが、どうも、悲惨さを強調した映画のイメージが一般受けして、原作が表現している「日本のその時代の背景の下で、人々が貧しく苦しい時代を懸命に生き抜いた」という逞しさに焦点が当たらなくなっているようですね。

富岡製糸場の工女たちは、模範工場だけあって、一日8時間労働・日曜祝祭日は休みという労働条件下で働いていたそうです。

賃金も低いとは言えず、医療も受けられる環境にあったそうです。

官営模範工場の富岡製糸場の工女たちには「工女哀史」は当てはまらないという説明を案内の方から受けました。


【ご参考】
★ 人それぞれの感じ方

車修理後のアクセルレスポンス悪化

Tags
車の運転席のペダル

オートマの場合、ご承知だとは思いますがアクセルを踏み込んでゆきますと、エンジン回転数が上がってゆき、それに追随して車速も上がってゆくわけです。

この車速の追随の仕方が遅いとアクセル・レスポンスが悪いと言います。

車を修理して、コンピューターをリセットした場合に、アクセル・レスポンスが悪化する場合があります。

その際には、修理に不具合が無い場合、もう一度コンピューターをリセットすると、悪化したアクセル・レスポンスが元に戻る(回復する)可能性が高いです。

スバル XV Advanceの考察

Tags
スバル六連星

XVハイブリッドのニューモデル

ADVANCE


スバルがXVにハイブリッドのニューモデルを投入しました。
“Advance”いうモデル名です。

考察という程の内容ではないかもしれませんが、私なりに、このニューモデルの性質を考えてみました。

【ご参考】
★ スバルXV e-Boxer試乗の感想

エンジン+モーター


XVは、自然吸気方式の2L(2000CC)エンジンです。
それに、駆動モーターを搭載したのがハイブリッドと言われるXV Advanceです。

スバルでは、そのハイブリッド・システムの電動技術(モーター)を“e-Boxer”と名付けています。

XVは、自動車の種類でSUVに属します。
【ご参考】
★ S U V (Sport Utility Vehicle)

XVのハイブリッドAdvance
スバルXVの新型ハイブリッド車Advance

スバルのハイブリッド


忘れたころにやってきたとも言えそうなスバルのハイブリッドは、プリウスに代表されるトヨタの本格的なハイブリッドとは異なり、電動アシスト付き自転車の範疇と揶揄されそうな代物です。

しかし、スバルは、立場を弁えているかのような工夫をしてきているようです。

特 徴

搭載されたモーター(e-Boxer)


出力が、
  •     馬力:13.6ps、
  •     トルク:6.6㎏f・m
という、非力なモーターですね。

オートバイに例えますと、面白いことに
  •     馬力は150CCクラス
  •     トルクは750CCクラス
と大きく異なります。

トルクを単純な足し算で考えますと、
エンジンのトルクは
19.2kgf・m/4000rpm
ですので、合計トルクは
19.2+6.6= 25.8kgf・m/4000rpm
となります。

このトルクは、エンジンだけのXVの1.29倍で、2.5Lのエンジンのトルクよりも少しだけ大きいですね。

馬力の方はどうかと言いますと、エンジンは、145psですので、単純加算しますと、145+13.6=158.6psとなります。

この馬力の数字は、エンジンだけのXVの1.03倍ですが、普通の2Lエンジンの範囲内ですね。

バッテリーはリチウムイオンになり、モーターだけでの走行距離数が伸びたそうですが、非力なモーターですので…
意味が有るのか無いのか…疑問ですね。

燃 費


燃費は、ハイブリッドではないXVがJC08モードで16㎞/lですが、それより20%改善された19.2㎞/lとなっています。

しかし、最近は、リッター30㎞を超えるハイブリッド車が増えてきていますのでかなり見劣りしますよね。

そこで、スバルが言い始めたのが…
スバルのハイブリッドは、燃費よりも走行性能向上に役立ってます…
という苦し紛れの売り文句です。

走行性能


【ご参考】
★ スバルXV e-Boxer試乗の感想

1.一般道

その走行性能の向上は、既存のXVとの比較になります。

ハイブリッドのAdvanceが有利になる範囲は、モーターがアシストする時速80㎞までです。
それ以上の速度になりますと、エンジンだけでの走行となります。

つまり、ハイブリッドは、山道も含めた一般道だけでの勝負となります…まあ、首都高速を含めても良いでしょうが。

街中や一般道をキビキビ走ろうとしますと中・低速トルクが大きい車の方が有利ですよね。(但し、ガソリン・エンジンの場合)

その観点だけからしますと、Advanceの走りの方が既存のXVよりも、かなり良いと言えますが…

しかし、加速の程度を判断する場合に使われるパワーウエイトレシオ(車両重量を馬力で割った値)を考慮しますと、車両重量が110㎏軽いXVモデルの20i-Sは9.35kg/psで、Advanceは9.77kg/psとなり、数字の上では既存のXVの加速度の方が高いということになります。

この厄介な数字上の対立に結論を出すのがモーターの性質です。

エンジンの最高出力は、回転数(rpm)に依存します。

XVの2Lエンジンの場合は、
  • 最高馬力:6000rpm
  • 最高トルク:4000rpm
となっています。

つまり、それらのエンジン回転数より高くても低くても、馬力・トルクが落ちることになります。

ところが、モーターのトルクの場合は、
回転数ではなく、電流(アンペア)に依存しますので、Advanceのモーターは、アクセルを踏み始めた時から6.6㎏f・mの最大トルクを出すことが出来るのです…
(セッティング上で出そうとすれば、というお話ですが…)

6.6㎏f・mのトルクは、重量が235㎏前後のナナハン(750CCのバイク)を力強く駆動するだけの能力をもってます。

更に、1トルク当たりの車両重量は、
20i-S:72kg
Advance:60㎏
と、馬力の場合とは逆になります。

従って、走り出しから、モーターがアシストする速度80㎞/hまでは、Advanceの方が既存のXVよりもキビキビ走れるということになります。

2.高速道路

時速100㎞前後で走る場合は、Advanceもエンジンだけでの力で走行することになり事情が異なってきます。

ハイブリッドではない既存のXV20i-Sの2Lエンジンは、馬力もトルクもAdvanceを若干上回っています。

そして、20i-Sの車両重量がAdvanceよりも110㎏軽いのです。

従って、モーターアシストの無い走行ではハイブリッドではない20i-Sの方が、より力強く走行できることになります。

また、燃費も同様に、20i-Sの方が有利となります。

XV Advanceを好む方


XV自体が総合評価の非常に高い車です。
内外のライバル車と比較した特集記事も出てますが、総合評価は、並み居る有名処を抑えて、XVがトップです。

それ故に、わざわざ、電動アシスト付き自転車のレベルと揶揄されそうな、XVのハイブリッド車を買う必要があるのか…
思い悩むところでもあります。

ハイブリッドにするか否かを悩む方は、兎に角、XVが好きだという人たちでしょうね。

燃費を選択肢とする方は、他の30㎞/l以上の燃費の車を候補にして、XV Advanceには、触手を伸ばさないでしょう。

XVが欲しい方で、一般道を走行する場合が多く、且つ、駅への送り迎えやチョイ乗りが平日毎日のようにあるという方には、XV Advanceをお勧めできます。

街中や一般道で、リニアな加速感を楽しみたいという方も、Advanceに適度な満足感を覚えることでしょう。

山道を走り回るのが好きだという方にも、お勧めできます。

Advanceを買ってはいけない方は、年に何回も、高速道路を使用した長距離ドライブをする方ですね。

スバルのハイブリッドの難点


これは、スバルのディーラーに聞いたことですが、バッテリーの保証期間が明確ではないようです…未だ、情報不足だけなのかもしれませんが…

バッテリーの寿命が来て交換となりますと20万円ぐらい掛かるそうですので、厄介ですよね。

因みに、トヨタでは、ハイブリッドのバッテリーは10年保証を謳っているようです。
更に、2年間の追加保証もあるそうですので、オーナーは安心ですね。

もしも、スバルがハイブリッドのバッテリー保証期間を10年未満とするなら、Advanceに購買意欲が湧かなくなる可能性は小さくないでしょうね。


PS.
2019年2月中旬にスバルのディーラーに確認したところ、e-Boxer用のリチウムバッテリーの保証は5年間だそうです。
さて、どうなりますか…

S U V (Sport Utility Vehicle)

Tags
茶系のSUVのサンプル
SUVのサンプル

SUVの定義


SUVという言葉だけは、色々な場面で耳目に触れますが、その意味はと問われますと明確な定義はないということのようです。

そこで、私は、次のように勝手に解釈しております。

スポーツに出かけるために必要な道具と人を安全に運ぶ車

イメージとしては、スキー板・スノボ―・サーフボード・ダイビング用具・釣り道具・剣道用防具・ゴルフ道具・登山用具・キャンプ用品・スポーツサイクル(自転車)などなどですね。

初期SUVのシャーシー(車台)は、小型トラックのものを使用したそうですので、道具と人をスポーツを行う場所に運搬することが主目的であることに間違いないでしょうね。

車体の支える土台の骨格
シャーシ―(車体の土台となる骨格)
因みに、踏み固められていない砂浜に入るなら、XVのような4WD車が必要ですよ。

スバルXV e-Boxer試乗の感想

Tags
スバル六連星

スバルが10月11日に投入したXVのe-Boxer、ハイブリッド車Advanceに、たまたま試乗してきました。

私が乗っていますWRX STIの修理にディーラーに行ったところ、出たばかりのXV Advanceの試乗車が置いてありました。

XV自体は、スバルの売れ筋SUVで、自動車評論家たちも高く評価しています。
上海でも、走っているXVをたまに見かけますね。

「スバルのハイブリッドは、燃費を改善してますが、それ以上に走行性能の向上を志向しています」とディーラーの営業員は言いながら、試乗を勧めますので、時間潰しを兼ねて試乗してみることにしました。

スバルXV Advance e-Boxer
XV Advance e-Boxer 定評のあるスバルのアイサイトは標準装備

試乗する前に思ったことは、カーブで車体がロールするんだろうなということと、NAの2Lエンジンなので、走りがトロそうだということでした。

走り出しは、やはり、トロイと感じましたが…特に酷くもないので、まあ、こんなもんだろうという印象です。

座高が高いせいだけではない視界の良さに感心しました。
狭い道でも対向車との擦れ違いに緊張する必要はありませんでしたね。

乗り心地もイイですね…私の車に比べると雲泥の差とも言えそうです。

ハンドリングも良好です…素早く反応します。

暫く走ってから、同乗している営業員にスポーツ走行に振ったSモードがありますよと教えられて、Sモードにしてみました。

いやあ~、走りが大きく変わります…
期待以上にキビキビした走りになります。
加速でも、街中や一般道では鋭さを感じさせます…しかも、スムーズさがあります。

同乗の営業員は、Sモードはモーターのアシストをフルに使うので、燃費が大幅に落ちることはないと言ってましたが…
良くは分かりません。

コーナーでの車体のロールは感じませんでしたね…水平対向エンジンの重心が低いことがロールを少なくしているのかもしれませんね。
それでも気になる場合は、タワーバーでも装着するのが良いかもしれません。

試乗した車は、内装の質感も悪くないと思いました。

非常に運転しやすい車です。

イイですねぇ~、この車が欲しくなりました。

車両価格(消費税込み)2,829,600円です。
スバルは、昔から、コストパフォーマンスの高い車を開発することで有名です。


【ご参考】
★ スバル XV Advanceの考察

Lawson Store 100

今更ながらのお話ですが、
アレッ、緑色のLawsonがあると立ち止まってしまいました(^-^;

Lawson Store 100との初めての出会いです。

Lawson Store 100

LawsonグループがSHOP99の一部の店を衣替えしたのが始まりだそうです。
100円ショップの機能も持たせたということですが、一番の売りは、生鮮食料品が買えるという、スーパーマーケットの小型版という点だと思います。

例えば、仕事帰りに、駅の近くで夕飯の材料が買えるという利便性を売りにしたいのかもしれません。

しかし、駅の近くの場所に新規に設置することは難しそうですね。

何故なら、既存のコンビニが既に場所を占めていますので、余地がなさそうです。

頑迷さが相手に不快感を与える

Tags
上里パーキングの燃え立つ雲の空
上里パーキングの燃え立つ雲の空

先日、76歳(?)の方と仕事関連の話をしていた際に、その方の頑迷さが全面に出てきて、久し振りに不快感を覚えました。

その年配者には、相手の考え方・発想を斟酌するという余裕がなく、ひたすら自分の判断の受け入れを強要し、次第に感情的になってゆくという御定まりの場面が多いです。

年齢の所為とばかりは言えませんが…

色々な見方もあるのでしょうが、要は、負けず嫌いの性格が、高齢化と共に、極端な形で現れるようになるとも言えます。

シニアのブログを拝見していても、コメント欄で、そのような印象を与えられることがあります。

まあ、先入観のなせる業なのかもしれませんが…
そのような印象をもたれることはありませんかね。

何事も無かったかのような佇まいを見せる自然

Tags
10月1日深夜に関東も襲った台風24号の暴風は、ゴーッという恐ろしい音を轟かせて吹き荒れました。

その台風一過の朝の光景です。

台風一過、何事もなかったかのように佇む樹木
何事もなかったかのように佇む樹木
台風一過、それでも散らない木の花
暴風にも散らない木の花
台風一過の赤とんぼ
どこに避難していたのか、
元気に飛び回っていた赤とんぼ
台風一過の赤とんぼ2
赤とんぼが何匹を飛んでいました
台風一過の赤とんぼ3
台風一過、好天の朝の月
台風一過、好天の朝の月

荒れ狂った自然が、何事もなかったかのような佇まいも見せます。