久し振りのDVD映画「渇き」

本当に久し振りに映画と
ドラマのDVD

を買いました。

以前も利用したDVDショップですが、数多くの日本の映画やドラマが売られています。
店内には、日本語を普通に話す店長のような女性がおります。

友人に勧められたドラマ「フリンジマン」は置いてありませんでしたので、興味がありそうなものを探してみました。

探すと言っても、数が多すぎて、全部を見て回るという気持ちにもなれず、手近な場所で目に付いたものを選んだという感じですね。

映画「渇き」


一つは、「渇き」という映画です。
選んだ理由は、私の好きな女優―松たか子が主演の「告白」が引合いに出されていたからです。

「告白」との比較


「告白」は暗いストーリーですが、感情移入ができる明確な動機があり、抵抗感なく観れた映画でした。

映画「渇き」のポスター

「渇き」は「愛する娘は、バケモノでした」というオドロオドロした副題を付けた映画です。

作成した方自身の、どうしていいか分からないという浮いた精神状態を感じさせられましたね。

また、感情移入がてきる動機も弱すぎて、己の感情をコントロールできず、遣る瀬無さで狂ってゆく過程だけですから、観ていて不快感が付きまとってしまいます(-_-;)

色彩のくすみと大雑把さ


雑多な構成で、作者の意図が明確ではない映像に求められる救いは色彩なのですが、それもくすんでいますね。

更に悪いことには、事の成り行き関係が、何故そうなるの?どうしてそうならないの?
と観ている人に思わせてしまう御座なりな大雑把さを感じさせてしまいます。

色々な事情が入り混じった「混沌」を、多分、醸し出すために映像の時間を前後させる手法が撮られていますが、観ている方は乱雑さを感じされられるだけです。

役所広司が出すぎ


役所広司が画面に出過ぎですね。
主役だから当然と思う前に……

有名俳優がストーリーの
インパクトに水を差す


最終章(?)で、ちょっと驚きの展開をさせていますが、それとても、配役に、ちょい役では出ない有名女優をもってきてますので、最後には絡ませてくるだろうと、観ている人
思っていますので、特別な驚きを感じることもありません。

まあ、これは、映画やドラマの商業上からくる限界とも言えるのでしょうが…

それで、面白いのかと問われますと、面白くないですね(-_-;)…飽く迄も、個人的な感想です。

【ご参考】
★ 映画「小さいおうち」


EmoticonEmoticon