『自分のために書く』

何か書き残しておきたい人用のテキスト小説や専門書ではなく
何かを書き残したいと
考えている人を対象と
した定番書がありま
す。



そのひとつである
❝On Writing Well❞ by William Zinsser
(2006年版)を読んでいて印象に残ったこと
の一つが;
基本的な質問と答え
という一節です。

それは、
誰のために書くのか?
どのような読者を対象にして書くのか?
という質問です。

それに対する根本的な答えは、
『自分のために書く』
ということです。

大勢の人達を対象とすることなど考えては
いけません…そのような読者群はいないの
です…何故なら、読者それぞれが異なった
存在であり、自分が書いた物に興味を持つ
か否か、事前には分からないからです。

という内容の件(くだり)です。

異論もありますでしょうが、書くことを
職業としてはいない人からしますと、
成る程と思えてきます。


【ご参考】
★ ブログは何のために書くのか!?

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html