交通整理での中国人の気性?

常々思っていても書かないこともあるのですが、警官の交通整理も、その一つですね。

命を賭した交通整理!?


今では、上海の主要な交差点での交通整理が、日常的に見られます。

交差点の中央に立って手を振ったり、警笛を吹いている警官を見ていますと、危なっかしいなあと感じてしまいます…
命を賭した仕事のような気がしてきます。

日本とは違って、彼らには威厳が感じられず、ダレっとした感じでやっている警官も多いですので、多分、車に撥ねられる事故は滅多にないのかもしれませんね。

車の運転者は慎重


面白いこと(?)に、上海で自動車を運転している人々は、一般的に、大変慎重なように見えます…多分、日本よりかもしれませんね。

思うに、歩行者、電動バイク、自転車などが、殆ど交通規則を無視した、あるいは、知らない行動を取っていますので、それに対応するために慎重にならざるを得ない
のでしょう。

白バイ警官は軽装


中国の白バイ警官
ついでに、白バイの警官も軽装ですね…
普通の警官用のシャツに、ビジネス用のズボンとビジネス用の靴を履いています…
日本のような革尽くめ(身体を防護する目的)の服装ではありません。

あれでは、チョットした事故でも、大怪我をしてしまいそうです(>_<)
勿論、ヘルメットは被っています。

交通整理にも出る気性


交通整理にも中国人の気性が出ているかもと感じさせられることがあります。

交差点の信号には、あと何秒で信号が変わるのかが表示される場合が多いです。

交通整理の警官が、それを見て、後3~4秒で信号が青に変わる時に、もう行け、と信号が赤で止まっている車に指示を出すことが珍しくないのです…
正面の信号が赤なのにですよ(-“-)

日本では考えられませんよね…

中国人はセッカチ!?


それを見てますと、中国人はセッカチなのかなあ~と、他の場面も思い浮かべて思ってしまうのです。

【ご参考】
★ 上海の電動バイクにとって交通信号はお飾りですね…
★ 上海では警官の健康も気遣われています


EmoticonEmoticon