30歳代の中国人との苦労話

中国人という十把 (じっぱ)一絡げ
(ひとからげ)の表現は
正しくありませんので、言い換えますが、
1980年代に生まれた男女の中国人たちと
何年も仕事をしてきました。

初期段階で、長~く続く弁解以外で、
苦労したことは、
私の説明することを理解しようとせず、
「中国では違う」という意味のことを
こちらが音を上げたくなる程に
主張されたことです。

お母さんも、私の説明は間違いだと言っている
とさえ言われました(-_-;)…
お母さんまで引っ張り出したことには
ビックリさせられました。

滑稽なことに、
彼らは年上の中国人の言うことには、
何の疑念も持たずに納得していたのです…
理解する努力をしようともせずに、
誰それが言っているので間違いない
というようにです。

私の説明に真剣に
耳を傾けるようになったのは、
実際の仕事上で、
私が説明したような結果がでて、
それを理解できるようになってからです。

一緒に仕事をし始めてから、
1年半以上かかりましたね。
本当にウンザリしましたが…
気軽に私に話しかけられるという
雰囲気づくりは怠りませんでしたので、まあ、
それなりの望ましい進展はありましたね。

今となっては、日本の若い連中のことを
良く知っているとは言えませんので
比較はできませんが、
特に、上海出身の裕福な家庭の若い人は
プライドがかなり高く、
知ったかぶりと思い込みが激しいですねぇ~。

仕事に慣れてきますと、
そんなことは言われなくても分かってます!
既に、そうしています!
任せておいて下さい!
などと言い張ります(-_-;)

とろが、知ったかぶりと勝手な思い込みで、
大きなミスを犯すことがありますので、
嫌がられながらも、注意をし続けます。

まるで、親が子供を心配して、
口うるさく繰り返し注意を
促すかのごとくにです(^-^;

まあ、そうは言いましても、
可愛い連中ですね(^-^)

【ご参考】
★ 中国人社員は疲れます…


EmoticonEmoticon