上海のスーパーも衛生への意識が向上しつつある!?

家乐(楽)福(カルフール)の売り場 
ちょと驚きです\(◎o◎)/

いつもは、野菜の屑などのゴミや汚れで中国的とも言えそうな解放感/心地良さ(?)を与えていた野菜・果物コーナーの床が、物の見事に綺麗に維持されています。

このブロックでは、二人の掃除夫が引っ切り無しに掃除をしています。
いつまで続くのかは分かりませんが…(^-^;

ここは、多くの日本企業が事務所を持ち、多くの日本人が住む古北地区にある家乐(楽)福(カルフール)…フランスから来た大きなスーパーマーケットです。

日本では撤退したカルフールは、上海では大成功を収めているようです。
形振り構わず、徹底的に中国に倣って、地元に溶け込むようなやり方で成功したようですね…

ある中国人の女性は、
食べられそうもない野菜を平気で売り場に置いていると言っていたこともあります。

まあ、確かに、生鮮食品では、
チョット手が出せそうもない物が普通に販売されています。

ですから、昔からの「市場」で生鮮食品を買う人々が多いと思います。

まあ、家乐福の大きな利益は、納入業者を苛めることによって確保しているという記事を目にしたこともありますが…

面白いことに、中国ローカルの大手スパーマーケットよりも家乐福が売っている日本製品は少ないのです。

カルフールは日本で失敗したために、日本ということにトラウマめいたものを持っているのではと邪推してしまいます(^-^;


EmoticonEmoticon