寒い真夜中の行きずりの戯れー上海

荒涼とした月

クラブLuckyは午前2時までです。
我々3人は最後まで粘って、追い出されるようにクラブを出ました(^-^;

さむ~い夜中の道に出て、
ラーメンが食べたいということになり、目に付いた、交差点そばの日式レストランに立ち寄ることにしました。

そのブロックは、何故か
道よりも1m以上高くなっており、木造りの階段を数段上って、そのレストランの入り口にたどり着きます。

入り口の外には、灰皿が立っています…
上海では、自宅以外の室内での喫煙が禁止されているのです。

その灰皿のそばに、若い綺麗な女性が佇み、タバコを吸っています。

我々も入る前に吸ってゆこうという暗黙の合意で、その灰皿に近づき、徐にタバコを取り出しながら、その美人に
....「ここのラーメンは美味しいですか?」
と聞きますと、
....「時々来ますけど、美味しいですよ」
と日本語で返ってきました。

どこかのクラブの娘だなと思い…
....「どこのお店なの?」
と言葉をつないだのですが…通じません(-_-;)

すかさず、
レストランのドアを開けて入ってゆこうとしている彼女に、我々の仲間の中国人が中国語で何やら話しかけています。

それで分かったのですが、彼女の仕事場は、縁結び7号店でした。

我々もレストランに入り、
ラーメンを注文して、周りを見渡しますと、彼女の仲間と思わしき女性と、日本人らしき男一人が同じテーブルにいるのが目に入ってきました。

美味しいけれど、ちょと塩辛すぎるラーメンを食べ終わり、外に出ますと、美人の彼女と如何にもクラブの娘らしき、ちょっとコケティッシュな女性が、連れの男がタクシーで帰るのを見送っているところです。

我々も階段を下りて、タクシーを捕まえる前のタバコをくゆらしながら、連れの男を送り終えた彼女らに
....「さむいね~」
と声をかけますと、そのコケティッシュな女性がブルブル震えながら
....「本当にさむぃ~」
と応えてきます。

それもそうです。
その娘は、お店のドレスにコートを羽織った姿ですので、見るからに寒そうです…
見てる方も、更に寒くなってきます(-_-;)

その寒さに震えている娘は、
すぐそばの縁結び2号店で働いているそうで、住処も近いために、仕事着のヒラヒラしたドレスを着替えずに出てきたようです。
はた迷惑です…(-"-)

彼女らはルームメイトでした…つまり、部屋代を二人で負担して一緒に住んでいるということです。

このくそ寒い中で、よろしく、よろしくと言いながら、2号店の娘が我々3人に名刺を手渡します。
その商魂には学ぶべきものを感じさせられました(^-^;

寒さの中、空のタクシーを待っている我々も、これ以上彼女らを引き留める気にもなれず、彼女らに、寒いから、もう帰れと言ったんですが…帰ろうとせず
....「ちょっと、一杯だけ飲んでく?」
と、2号店の娘がレストランの隣にあるバーを指さします。

我々は顔を見合わせ、さあ~どうすると見つめ合います。
....「一杯だけよ」
と彼女は震えながら誘ってきます。

一杯だけなら暖も取れるので寄っていくか、ということになりました…
まあ、彼女の勝ちですね(^-^;

Bar
そのバーには、客は殆どいませんでしたが、日本語が上手い元気なお姉さんがいて、胡散臭い雰囲気のないバーです。

口がやたらと大きいビールジョッキ2杯とカクテル2杯、そして、普段は全く飲まない人が梅酒1杯の注文です。

彼女らがビールで、我々はカクテルと梅酒です(^-^;
その後に、カクテル2杯とヨーロッパ地ビール(アルコール8%)1本を追加して、全部で525元でした…

例のごとく、高い!と言ったら、元気のイイお姉さんに、高くないでしょう、クラブで5人で飲むより、よっぽど安いでしょうと言われてしまいました…ごもっともです。

飲み物が出揃う前に、美人の彼女が指さして、何かいると言います…指さされた方を見ると、ちょっと離れた低いテーブルの下に何かいます。
うなり声がするので、犬かなと思ったのですが、服を着てテーブルの下にうずくまっている塊は、どうも犬ではないようです。

オイ、何かいるぞ、
と元気のイイお姉さんに声を掛けますと、

「ああ、それは店の女の子です…
飲み潰れているだけですから、気にしないで下さい」

と無関心そうに言うではありませんか…

気にするなと言われても、女の子が低いテーブルの下にうずくまって唸っている状況は、どう見たって異様な光景です。

「何をそんなに飲んだんだ?」
「ビールだけですよ。
まだ慣れていないから弱いんですよ」

と、困ったふうでも、
心配してるふうでもありません(-_-;)

そうこうするうちに、その酔い潰れていた女の子は、テーブルの下から這い出て、よろめくようでもなく、比較的しっかりとした足取りで、2階に上がってゆきました。

2号店のコケティッシュな娘を

「ところでね、
今バーにいる場面の写真を撮って、さっきのお客に送ってみてよ。
反応が見てみたい」

と、からかったら、

「どうしてそんなことをする必要があるのよ!
仕事の後は、私が何処で何をしようと、何をして楽しもうと、私の勝ってでしょ!」

と力説されてしまいました…
まあ、御尤もです(^-^;

7号店の美人は、ヨーロッパの地ビールは肌にすごくイイんだよと勧められたアルコール8%のビールを飲んで、美人顔がほんのりピンク色に染まっています。
吸い込まれるような色気を感じさせます…
ヤバイ…(^-^;

仲間の中国人が、徐に腕を伸ばして、手の平で、ほのかなピンク色に熟れた彼女の頬に触れて
....「うん、すごくスベスベしてきたね」
などと言っています。

バーは3時半には閉めますよ
と言われていたのですが、話が弾んで、お姉さんに、もう帰ってくれと言われた時には、午前4時を過ぎていました(^-^;


EmoticonEmoticon