中国の教師は儲かる職業です

上海の公立中学校の一年生が補習(課外授業)を受けているそうです。
教えているのは、その公立中学校の先生です。

教師が講義している画像

そのこと自体に珍しさはないのですが、そのために親が教師に支払う金額は、1,400元(約24,500円)だそうです。
子供一人分ですよ…念のため(-_-;)

公立学校に通う子供の親が教師たちに付け届け(謝礼金や贈り物)することがごく当たり前の慣例となっているそうです。

富める者はそれなりに、
貧しき者はそれなりに、
ということになります。

目的は、勿論、
日本でいうところの内申書をより良く書いてもらうためです。

他方、公立学校の生徒たちの服装は、いわゆるジャージと呼ばれる、体操着のようなものです。

それは、富める親の子供も貧しき親の子供も、押し並べて同じという平等精神を窺わせるものでもあります。

しかし、内情は、
教師というものは、結構、実入りの良い職業だと言われる状態のようですね。


EmoticonEmoticon