中国大富豪の順位情報…品質と同じ!?

最近更新されました情報ではと言いたいところなのですが、実は、中国のサイトによって順位が異なるのです…バラツクのです(^^;

最近の情報のポイントは、
大富豪のトップとして有名だった不動産関連の大連万达集団(dà lián wàn dá jí tuán)の創始者で董事長である王健林(wáng jiàn lín)氏が、中国政府の方針変更によって、5位前後まで落ちてしまったことです。

その方針変更というのは、特定の個人/企業を優遇して、今回の場合は王健林(大連万达集団)ですが、銀行の資金提供を政府がバックアップすることを中止したということです。

例のごとく、実際の背景は分かりませんが…

兄弟姉妹・親戚・友人同士の厳しい付き合い

親兄弟姉妹


取引先である日系の会社の方から聞いたお話ですが…
中国人の女子社員の辛いお話です。

彼女は地方出身で、故郷に住んでいるお姉さんは結婚をして子供もいるそうです。
そのお姉さん夫婦が家を買うことになり、彼女はお姉さんに、

「あんた日系の会社でイイ給料をもらっているんでしょ…結婚も未だしてないでしょう。
私は、田舎の工場で給料も小さくて、子供もいるんだから、家を買うんだけどお金が無いのよ!
5万元貸してよ!」

と言われたそうです。

5万元は、日本円で約90万円弱です…が、地方から出てきて上海で暮らす若い女性たちにとっては大金です。
一年に1万元の貯金をすることさえ並大抵ではありません…

しかし、一般的に、中国で家を買うと決めますと、その方は、兄弟姉妹・親戚・友人からお金を借りて、頭金30%以上を工面します…
そして、残りは銀行と長期ローンを組みます…最長は30年間です。

戻ってこないことを覚悟して、お金を貸すことも珍しくないそうです。

それ以外でも、しょっちゅうお金の貸し借りがあるようですね。

中国では…
そのような兄弟姉妹・親戚・友人同士の付き合いが必須のようですね。

結婚に煮え切らない男

痴話喧嘩


まあ、どうでもいいお話ではありますが…

何年も付き合ってきた彼氏が、彼女がそろそろ結婚と思っても煮えきらないというケースは珍しくないようです。
面倒臭がり屋の男に良くあるケースです。

長すぎた春とでも言うのでしょうか…
尤も、それでも結婚に至るカップルは珍しくないんでしょうが…

彼氏が煮え切らない場合は、
一旦、付き合いを止めるのが最善の方法です。

結婚するか否かの結論を2週間程度で出して欲しいと迫るのです。
ズルズルと関係を続けることが最悪なのです。

勿論、彼女が結婚しなくとも付き合いたいというのであれば別ですが…

彼氏が、一旦別れましょうということに同意したとしても、彼氏が本当に彼女が好きであれば、暫くして戻ってきます。

その時は、彼氏は、結婚しようと言ってくれる筈です(笑)

戻ってこなかった場合は、
春を長く楽しみ過ぎたと思うことにして彼氏を忘れることです。
そんな彼氏と結婚しても上手く行かない確率が高いのですから。

極端に落ち込んでしまうことが心配なら、平行して別の相手と付き合っておくことです…
本命でなくとも気が紛れます(笑)

長すぎた春が生み出す問題は、この相手と結婚してもイイのかなあ~、もっとイイ相手がいるんじゃないのかなあ~という思いが強まることです。

要するに、
好きなんだけどマンネリ化してドキドキしなくなっているのです。
もう一度、ドキドキする相手が現れないかなあ~と思ったりもします。

結婚状態と違って、
ドキドキさせる別の相手が現れたとしたらお仕舞いです(笑)

それは、彼氏も彼女も同じ穴の狢なんでしょうけど…

彼氏が優柔不断で面倒臭がり屋である場合、彼女に強いリーダーシップがあり、且つ、そのリーダーシップを発揮させてくれるような彼氏でなかったら、早めに別れた方がイイですよ!

Google翻訳とBing翻訳の違い

Google vs Bingのロゴ

たまあ~に、中国語の翻訳に翻訳サイトを利用させて頂いております。
その翻訳の現在の実力は、
意味内容を推測する努力をさせてくれる程度ですね(^-^;

中国人の社員たちに翻訳結果の評価を頼みますと、デタラメだあ~、評価以前の問題だと言われます(-_-;)

まあ、しかし、無いよりはマシですね(^-^;

主に利用させて頂きますのは、Excite翻訳とGoogle翻訳です。
更に良い翻訳サイトがあるのかもしれませんが、調べていません。

Bing翻訳も、翻訳結果を比較するために使用することがあります。

たまたま、吉利汽车を調べている時に、お遊びで、Google翻訳とBing翻訳で「汽车」と「火车」を翻訳してみました。
因みに、「车」は「車」の簡体字です。

中国に来て、アレっと思います瞬間の一つに、「汽车」は、「汽車」を意味するのではなく、「自動車」だということを知る瞬間があります。

日本語の「汽車」は、中国語では「火车」となります。

その「汽车」と「火车」をBing翻訳とGoogle翻訳で日本語にしてみました。
結果は下記の通りです。

Bing翻訳
「汽车」⇒「車」
「火车」⇒「模型」

Google翻訳
「汽车」⇒「車」
「火车」⇒「列車」

「火车」には「模型」という意味もあるのかと思い、手持ちの辞書で調べてみましたが、「模型」は日中同じです。

但し、だからと言って、
Bing翻訳の機能レベルは低いと申し上げるつもりはありません。
何故なら、文章翻訳をおいて、
Bing翻訳の方が真面な結果になることもあるからです。

ところで、吉利汽车の親会社に相当する浙江吉利控股集団が、今月、独自動車大手ダイムラー(いわゆる、ベンツ)の筆頭株主になりましたね。

この民間企業集団は、中国の世界戦略を象徴しているかのようで、興味深い活動をしておりますね。
いつか、まとめてみようとは思っておりますが…

【ご参考1】
★ ブログ翻訳は読めるか!?

【ご参考2】
★ 浙江吉利控股集団
★ 吉利汽车

梅が満開です ― 上海

満開に咲いた白い梅の花

古北地区の公園に咲いた梅の花が満開ですね(^-^)
今年は2週間ぐらい早いような気がします。

上海の公園に咲いた梅の花2

上海で買うドラマ録画DVDは不良品!?

ドラマ「名刺ゲーム」

上海の2カ所の大きなDVDショップで、日本のドラマを3本買って観ました。

DVD3枚組で45元ですね…
30元未満の安い版もあるそうですが…

DVDで購入した3本のドラマに共通する問題は、観ている途中で再生が止まってしまうことです。

1枚のDVDで途中で2~4回、再生が止まってしまいますので、再生を初めからやり直さなければならなくなります。

途中で止まってしまった箇所を覚えておくことが大事ですね。

そして、再生を再度始めたら、途中で止まってしまった箇所を、そこで止まる前に、飛び越して先に進めるようにします。

そうしませんと、再度同じ個所で再生が止まってしまい、もう一度初めに返って再生し直しになってしまいます。

海賊版だから仕方がない、と思うことが必要なんでしょうね(-_-;)

ところで、DVDケース上部の真中に“Blue-ray Disc”という表示があります。

しかし、そのような表示があっても決してブルーレイ・ディスクではないそうです。
何故か、店員が力説しておりました(^-^;

春節休暇期間も間もなく終わります

春節の展示飾り

今月の15日(木)から始まりました春節休暇期間も21日までですので、明日はその最終日となります。

周囲の食堂・レストランの殆どは21日まで休業ですが、古北地区は日本人が多い所為か、営業している和食店もありますね。

上海高島屋は、春節期間中も営業しておりますので、価格が高いということを気に掛けなければ、日常品の買物や食事に困るということはありませんでした。

日系のコンビニの休業は、15日と16日だけでしたね。

 

上海では花火や爆竹は禁止されましたが、地方では打ち上げ花火が見られました。

中国で一番多い苗字は?

最近、「王」さんと仰る取引先の人の数が増えました。

同じ商売に関係する人たちで「王」さんが三人もおりますと、仕事の話の最中に、「王」さんと言われた時に、どの「王」さんであるかを確認せずに話を進めてゆきますと、途中で、話の辻褄が合わなくなっていることに気付いたりします(-_-;)

確かに、「王」という苗字の方が多くおられますから、中国では一番多いのではと思ったりします。

しかし、「王」という苗字は中国の苗字、多いことは多いのですが、多さという点では一番ではありません。
二番目に多い苗字なのです。
中国の苗字で多い順番の表
それでは、一番多い苗字はと言いますと、それは「李(Li)」のようですね。

そうは言いましても、何故か、私の身の回りに「李」さんは一人もおられないのです(^-^;

1―5番目は次にようになります:
「李」 「王」 「張」 「劉」 「陳」
いずれも、我々日本人には馴染みのある苗字ですね。

因みに、「習=习」(Xi)は、332番目になるようです。

着の身着のままで突然、表舞台に押し出された!?

旧古羊路休閑街の路地裏にあった店たち
期せずして表通りに面してしまった夜の店たちです。

これらのバーや居酒屋の前には、今では道路となってしまった「古羊路休閑街」があったのです。

「古羊路休閑街」は、2階建ビルが連なる、細なが~い商店街で、色んな食堂が並んでおりました…夜中まで人通りがありましたね。
(当時は、何回も散歩した道ですが、生憎と、写真は撮っておりません)

  2019年開通予定の15号線の姚虹路駅工事現場
2019年開通予定の15号線の
姚虹路駅工事現場

それが、延長される地下鉄15号線と駅を造るために、閉鎖ではなく、あっという間に解体され、跡形も無くなりましたね…現在は道路です。

その解体が始まる2~3か月程前に、立派に改装されて新たに出来た高級和食店がありましたが、まあ、物の見事に消え去りました…
補償金はどうあれ、勿体ないですよね。

上海では、造る方はそれなりに、壊す方は驚くほどに速いです(^-^;
【ご参考】★ 上海再開発に抵抗する人達もいます

まあ、実は、今回の投稿では、こんな解体の説明が目的ではなく、モグラが土の中から出されたかのように、忽然として表に現れた夜の店たちが今回の主役です(^-^;

左上の写真に見る、
うらぶれたかのように見える店たちは、小さな飲み屋(バー)と居酒屋が主立っています。

元々は、取り壊されたビルの裏にあり、その狭い裏通りは袋小路になっておりました。

ですから、通りすがりに立ち寄ってみるという対象ではなく、物好きな客だけが覗いてみるという感じがする佇まいでしたね(^-^;

そういうことで、外見は、寂れ放題とでも言えそうな…
先が見えない感のある店たちでした。

でも、それはそれで良かったのです…
狭い袋小路にひっそりと、さしたるネオンを灯すわけでもなく、気兼ねなく、うずくまっていることが出来ていたのですから……

それが、望みもしない(?)のに、あっという間に、表舞台に押し出されたかのようになってしまったのです。

2019年には、道路を隔てた対面に、新しいビルが建てられ、真新しく装った店が立ち並ぶことでしょう。

そうなりますと、余りにも対照的で、アンバランスな存在になってしまいます…
…などと、我々日本人が気にすること自体が、彼らには奇妙に映るのです…

上海で、そんな光景を見かけることは珍しくありません。

大きくて立派に見えるショッピングモールのビルの脇に、今にも潰れそうな(?)小さな店がひしめいている表通りもあるのです。

それは、都市がダイナミックに成長してゆく過程の一面であるアンバランスな光景と言えるかもしれませんね。

タダで出来たと自慢する!?ー上海

顔無し男女

クラブやガールズ・バーの娘とタダで経験があると豪語する方々がおられるそうです。

まあ、確かに、そうなんでしょう…
豪語はしませんが、そのような方々も知っております。

しかし、見てますと、決して、ご本人が本当に気に入った娘と経験している訳でもなさそうですね(^-^;

それでも、ご当人たちは楽しんでおられるようですので、それはそれとして結構なことだと思います。

何回か通ううちに、そのような娘と巡り合うこともありますでしょうね。

二人で酔っぱらって、そのような雰囲気になってしまうこともあるでしょう。

中には、終わった翌日に私に電話をくれて、お金を上げようとしても受け取ってくれないんだよ…どうしたらイイ?
と相談してくる方もおります。

その時に私は言います…
強引にでもイイから、絶対にお金を手渡すようにと…

また、逆に、一度店の娘とタダで出来たから他の娘ともタダで出来ると思っている方もおります…

ご自分は、かなりモテると思っているのでしょう…厄介ですよね(-_-;)

ある方は、何回も通っているのにキスぐらいしかさせてくれないと怒ったりしています…

その方の口説き方は、雰囲気作りもなにもなく、君とホテルに行きたいと言うだけなんだそうです…

ゴメンナサイ…今日はアレ(生理)なの、と断られるのが落ちでしょうね。
2週間滞在する出張者は稀でしょうから、口実としてはポピュラーです。

まあ、何か勘違いをなさっておられるようにも思うのですが…

ところで、
見てますと、飲み屋で意気投合してホテルに行ってしまう娘には、子供がいる場合が多そうです…私の推測でしかありませんが…

上海で(多分、中国で、とも言えるでしょう)母子だけで生きていくことは、日本以上に大変なようです。

色々と話を聞かされたことがあります…
周囲の蔑みの目もあるそうです。

それでも、家族の手助けがあるから、彼女らも頑張れているのです。

彼女らも酔ってきますと、抑え付けていた不安が湧き出てくるのでしょう。

その湧き出た不安から逃れるために、そばにいる誰かに心で縋りたくなったとしても不思議ではありません。
そのように考えますと、 タダで出来たことは、自慢することではなく 逆に、 自責の念に駆られることだと思うのですが…

【ご興味があるかも…】
★ 上海での歓楽(3) 

春節に向けて日常に変化-福到

中国では…まあ、上海ではの方が良いのかも知りませんが…
今週から春節(休日期間15日ー21日)へ向けて、日常活動に変化が始まりました。

帰省者たちの移動が始まり、
飲料水の配達も止まり、
宅配業者も10日(日)から業務を停止します。

会社は、海外の関係先へ春節休業のお知らせを送り終えていることでしょう。

準備を怠っていた人たちは、ちょっと、慌てだす時期でもあります(^^;

中国では、今度の日曜日11日は出勤日となってはおりますが、まあ、既に、仕事をするような環境ではないでしょうね(^’^)

とは申しましても、その期間中も仕事をなさっておられる方々は実際には、少なくありません。

公共関連や商業・サービスに携わっておられる方々にとっては、仕事を続けながらの春節となります。
福到(福が来る)
ところで、逆さまに貼り付けられている「福」をよく見かけますが、福到(福が来る)という意味を表しています。

到(来る)と倒(逆さま)の発音が同じ“DAO”であることを利用した表現です。
語呂合わせの類ですね。

【ご興味があるかも…】
 ★ 中国の春節…海外にとっては厄介な季節

中国の教師は儲かる職業です

上海の公立中学校の一年生が補習(課外授業)を受けているそうです。
教えているのは、その公立中学校の先生です。

教師が講義している画像

そのこと自体に珍しさはないのですが、そのために親が教師に支払う金額は、1,400元(約24,500円)だそうです。
子供一人分ですよ…念のため(-_-;)

公立学校に通う子供の親が教師たちに付け届け(謝礼金や贈り物)することがごく当たり前の慣例となっているそうです。

富める者はそれなりに、
貧しき者はそれなりに、
ということになります。

目的は、勿論、
日本でいうところの内申書をより良く書いてもらうためです。

他方、公立学校の生徒たちの服装は、いわゆるジャージと呼ばれる、体操着のようなものです。

それは、富める親の子供も貧しき親の子供も、押し並べて同じという平等精神を窺わせるものでもあります。

しかし、内情は、
教師というものは、結構、実入りの良い職業だと言われる状態のようですね。

BloggerとWordPress.comー有料・無料(2)

WordPressのロゴ


BloggerとWordPress.comー無料・有料の続きです…

選択肢は、もう一つあります。
それは、どちらも独自ドメインを取得することです。

そうなんですが、WordPress.comを弄るためには、
プレミアム契約で年間10,800円を払い続けなければなりません。

WordPress.comのプラン画面
外部業者で安く買った独自ドメインをWordPress.comで使うことはできるようですが、それでは、テーマを弄ることが出来ないと思います…

つまり、機能を拡張するためにはプレミアム契約が必要です。
Bloggerの方は、年間1,400円です…独自ドメインによって値段が変わりますが、私が望むもので、一番安いのが1,400円なのです。

両方合わせて12,200円を何年も払い続けてゆくのかと考えますと…
まあ、趣味のためとは言え、ちょっと、ぞっとしませんね(^-^;

まあ、それだけ自分のブログに価値を見いだせていないということにもなりますが…(-_-;)

そのように考えますと、
手間暇を掛けてレンタルサーバー+WordPress.orgにする方がコスト上有利なのでしょう…
ただ、面倒臭さが付き纏います(-_-;)

それと、以前のような自分には戻りたくないのです…

今日、日曜日の気温結果

ちょっと拘ってしまいました日曜日、今日の天気予報でしたが、結果は、最低気温がマイナス3℃で、最高気温が5℃でしたね。

しかし、それは、私のHuaweiのスマホに組み込まれている天気予報アプリで、友人のi-Phone7の天気予報では、最低がマイナス4℃で、最高が6℃でした。

 まあ、その程度の自由度は、中国にもあるということなのでしょう(^-^;

それにしましても、今日は寒かったですねぇ~。
外の人通りも、いつもよりは少なかったですね。

【ご参考】
★ 中国の天気予報は秋の天気と似ています(^-^;
★ 今までが温暖で、これから寒くなる!?-上海

BloggerとWordPress.comー無料・有料

ブログのロゴとBlogger vs WordPress


BloggerではCSSやHTMLを使って、標準の設定を比較的簡単に編集できるのですが、無料のWordPress.comでは出来ませんね…
プロなら可能かもしれませんが…

サーバーを借りてWordPress.orgのアプリをインスト―ルして弄繰り回す…なんて、凄いなあ~、とは思います。

私のブログは、趣味のレベル(それ以下?)です。
また、弄繰り回すだけの技術的な知識も気力もありません(-_-;)

従って、サーバーを借りて云々ということには、全くと言っていい程に興味はありません…今のところはです(^-^;

ただ、暇に任せて、
無料ブログサービスとレンタルサーバー+WordPressのPros&Consが書かれていますサイトをいくつか拝見しました。

無料ブログサービスを利用する場合に共通するリスクは、突然、そのサービス自体がなくなってしまい、それまでの投稿(書いて公開したブログ)の全てが失われるという懸念があることだと書かれています。

このリスクは、皆さん共通して挙げておられましたが、う~ん、どうなんですかねえぇ~…

Microsoft⇒WordPress.comの経験もありますので、そのようなリスクは、確かにあるでしょうが、それは無料ブログサービスに限ったことではなく、むしろ、レンタルサーバー会社の方に、私は不安を感じるのですが…

推薦されるレンタルサーバー会社をいくつかチェックしてみましたが、企業体としては、ユーザーに安心感を与えるだけのものでもなさそうです。
設立年が比較的新しいですしね…

何しろ、競争が厳しく、出入りの激しい業界ですので、いつ何時、経営者が雲隠れして、事後処理もできないという事態になる会社があるとしても不思議ではない世界です。

万が一、そうなりますと、借りているサーバーに保存されたデータも、たとえ、独自ドメインを持っていると言いましても、別会社のサーバーに移動させることが不可能になる可能性もあります。

会社が潰れるってことは、そういうことです。

私も、その気になった時に、ブログのバックアップは取ってますが、それとても、ご承知のように、絶対に安全とは言えませんよね。

ですから、サービスの存続に視点をおいた比較は適切ではなく、神経質になり過ぎること自体が無意味だと申し上げたいわけです。

但し、無料ブログサービス会社を選択する際には、契約内容を読んだ方が良さそうですね。

あるサイトで教わったことですが、
(ごめんなさい、サイト名を記憶していません)
無料ブログサービス会社によっては、契約内容に、そのサービスを利用している契約者が投稿するブログの所有権は、その無料ブログサービス会社にある、と書かれているそうです。

そうであるとするなら、さすがに、それは由々しき契約内容ですね。

そんな所有権の規定に法的効力があるか否かは分かりませんが、法的に争うのも、時間と金の浪費ですので、そのような会社には、近寄らないに越したことがないですね(-_-;)

まあ、有料・無料の選択は、各サイトが仰ってますように、機能面に視点をおいて選択するのが良さそうですね。

私の場合は、
有料というもので興味がありますのが、独自ドメインですね。
これは、いずれ、購入したいと思ってます。

その理由の第一が、格好イイということです(^-^;
その第二が、自分のブログを継続するなら、自分のドメインでやる方がベターだということですね…

万が一、無料サービス会社を代えることになりますと、新たなサービス会社が設定するドメインになりますから、継続性が途切れて、それまでの繋がりの蓄積も失われます。

そこで、これがこの投稿で私が言いたい核心(笑)なんですが、独自ドメインをWordPressにするかBloggerにするかで迷っているのです。

私は、Bloggerの方が好きなのですが、Bloggerには、ちょっと困ったことがあるのです。

それは、中国ではBloggerにアクセス出来ないことなのです。
いや、VPNを使えばアクセス出来る、とは仰らないでくださいね(^-^;

中国に住んでおられる中国人の一人以上は、時々、私のブログを読んで下さっておりますので、Bloggerではダメなのです…(-_-;)

従って、彼らはWordPress.comにアクセスして下さっています。

月に何万ものアクセスがあるブログとは違い、私の場合は、一人二人の閲覧者でも非常に大事なのです。

取り得る選択肢は、二者択一です:
  1. Bloggerで独自ドメインを取って、WordPress.comはそのまま続ける    .
  2. WordPress.comで独自ドメインを取り、Bloggerはそのまま続ける
普通に考えますと、1番の選択になるのですが、WordPress.comのプレミアムを買って、テーマを多少は弄ってみたいという気持ちが少し以上はあるのです…厄介ですよね。

まあ、勝手に悩んどれ!と言われそうですね(^-^;

【ご参考】
BloggerとWordPress.comー有料・無料(2)

デフォルト・フォントと行間の変更ーBlogger

眼鏡、ノート、写真、鉛筆とブログのロゴ


フォントの変更


ブログのテーマのデフォルト・フォント(Arial)をメイリオに変更しました。
お世話になりましたのが、Blogger-customize.comです。

テーマのカスタマイズを立ち上げ、上級者向け項目の中で、一番下にある「CSSを追加」を開き、その中に、予めコピーしておいた内容を貼りつけるだけです。

私の場合は、
* {
    font-family: 'メイリオ', sans-serif !important;
}
をペーストしただけです。

貼りつけた後は、右上隅の「ブログに適用」ボタンをクリックして、終了です。


行間の変更


更に、文字の行間が狭すぎると感じてましたので、ちょっと、広げました。
参考にさせて頂いたのが、Waringo88です。

テーマのカスタマイズではなく、HTML編集を開きます。

編集画面を一度クリックしてからctrl+Fを押しますと、画面の右上隅にSearchが現れますので、その中に「 .post-body」を貼りつけて検索します(「」は不要です)。

そうしますと、
.post-body {
line-height: 1.4;
font-size: 110%;
position: relative;
}
が現れますので、”line-height"の数字を変えて調整します。

私の場合は、1.4⇒1.6に変更しました。

変更後は、上左にある「テーマを保存」ボタンをクリックして完了です。

上記2項目の変更に関しまして、上記2サイトに感謝致しております。


PS.
line-heightを再度変更しました。
1.4⇒1.6⇒1.7⇒1.8⇒1.7で現在は、1.7です。
その方が読み易いのではという試行錯誤です(^-^;

(2018年3月25日)
line-heightを”1.9”にしました。
試行錯誤ですが、文庫本の行間に近い方が読み易いだろうと思いました。

中国の天気予報は秋の天気と似ています(^-^;

秋の空


どうも独り善がりのテーマを使っていたようで…
まあ、一般的なテーマに戻しました(^-^;

いやあ~、中国の天気予報は、本当によく変わりますね(-_-;)
中国人たちは当てにしていないと言っているということが良く分かります。

おおよそ20時間前までの天気予報では、今度の日曜日の最低気温はマイナス8℃でしたが、今日の午後の予報では、マイナス4℃になっています。

まあ、予報がマイナス16℃になるよりはマシですが、それにしましても、変化の幅が大きすぎますよね(-"-)

PS. 
2日(金)午後の予報では、日曜日の最低気温は、マイナス2℃と、更に大きく変化しています。

【ご参考】
上海の天気予報