皆既月食 -上海

皆既月食の写真です。

両方の写真とも、上海時間で本日21時30分頃に撮ったものです。

一つは、Huaweiの1800元(約3万円程度)のスマホで、もう一つは、6250元(約10万円強)のi-Phone7で撮ったものです。

どちらの写真がどちらのスマホか、お分かりになりますか(^-^;

皆既月食1
皆既月食2

月食は、月と地球の位置が日食とは逆で、月⇔地球⇔太陽という並びが一直線の形になり、太陽光線が地球に遮られて充分に届かないという現象ですね。

しかし、皆既月食でも太陽光線が全く届かないということではなく、波長の短い青色の光は地球の大気で散乱してしまいますが、波長の長い赤色の光だけは弱まりながらも月に届くそうです。

それで、皆既月食の時に月が赤く見えることになるんですね。

今までが温暖で、これから寒くなる!?-上海

最高が1~2℃で、最低が-5~-8℃(*_*;

上海の今度の土曜日・日曜日の天気予報です。

今まで何回も寒い寒いと言ってきましたのは勘違いで、実は、温暖だったのです(^-^;

それでも、上海の冬でマイナス8℃という記憶がありません。

雪が降るという方もおりますが、天気予報では、来週一杯は雨模様でもないようですので、多分、降らないでしょう…と思います。

寒冷地方に住んでおられる方々からは、バカなことを言ってんじゃない、暖房をしっかりとやれ!と言われそうですね…

ところが、それが上海では問題なんですよね。
今までの柔らかい寒さでも、部屋の中で震えていた人たちがいたのです。

エアコンの暖房があまり利かないということは、全く珍しくないのです(-_-;)

その場合はどうするのかと言いますと、外出用の防寒服を着たまま部屋にいるのです。
そして、早い時間にベッドに入ってしまいます。

嘘だろうと仰るのですか!?
まあ、そう思われるお気持ちも分かりますが…

【ご興味があるかも…」
★ 生命力旺盛な中国人たち
★ 中国人は寒さに強い!?

微信 - WeChat

2011年1月から中国でサービスが始まった微信(WeChat)は、今では、ビジネス上でも
必需品かのような存在になっています。

微信のキャラクター

微信は、企業の世界番付けで5位と最近発表された中国大手IT企業テンセント(中国名:騰訊)が開発した無料インスタントメッセンジャーアプリです。

日本で言えば、LINEに相当するアプリですね。

数年前までは、微信の電話は決してスムーズではなく、繋がりが悪かったり、雑音、途中切断などの不具合が普通にあり、性能上ではSkypeの方が優っておりました。

それが、完璧ではありませんが、大幅に改善されています。

それに伴って、中国ではSkype離れが進んでしまいました。

仕事上でも、中国と交信が必要な多くの方々は微信を大いに利用している…あるいは、利用せざるを得ない状態ではないかと思います。

メッセージだけではなく、TV電話もできますので、工場で出来上がった製品やサンプル品をリアルタイムで顧客(微信利用者)に見せ、問題があれば、その処理方法を具体的に相談し合うことも可能です。

中国では、
レストランや喫茶店などにはWiFiがある場合が多いですので、海外で微信を使っている相手に料金を気にせずに電話ができます。

気になさる方もおられるのではと思う点は、スマホに微信アプリをインストールしますと、スマホのデータは全て微信の会社に流れるという可能性が、充分にありうると考えなければならないことですね。

その可能性は、インストールしてみますと、即座に感じることが出来ると思います。

まあ、そうは言いましても、LINEも似たようなものだと聞いております(^-^;

ただ、テンセントは海外展開を推し進めているそうですが、自国ではLINEを締め出して、自前の微信は海外展開とは…
ちょっと矛盾を感じてしまいます。

【ご興味があるかも…】
★ WeChatでSkypeの命が尽きる!? 

中国の春節…海外にとっては厄介な季節

特別に書きたいと思う内容も無いのですが…
手持ち無沙汰のような気分で…なんか落ち着かないような…

そんな時は、思いつくままに書き出すことで落ち着きを取り戻せるという経験則をもっています。

2月中旬は中国の春節(旧暦新年2月16日)となり、地元を離れて暮らしている人々の殆どは、故郷の家族の元に帰ります…国民大移動の季節です。

故郷へ戻ることが、何よりも優先されます。
それまでの社会経済活動の大きな流れは、当然のごとく、それに従って流れが止まったり、緩やかになったりします。

中国国内だけの活動には、毎年同じ現象が起きているので、それを充分に受け止めるだけの寛容さがあります。

しかし、貿易などで中国と関係している海外の人々にとっては、毎年厄介な季節の到来ともなります。

毎年訪れる春節なのですが、彼らの顧客は中国の国民大移動には関心を示しません。
彼らの国内のサプライチェーンだけを意識しています。
……内向的すぎるのです。

今年の春節休日は、2月15日ー21日の1週間ですが、国民の大移動は、2月11日の週から始まり、収束に至るのは24日になると思われます。
勿論、2月一杯は休んでしまう人々もおります。

その期間は、当然のごとく、大部分の工場は稼働しません。
たとえ、22日から稼働する工場があったとしても、作業員の数が不十分であったり、トラックの運転手がいなかったりで、かなり制限を被る稼働になると思われます。

つまり、通常稼働に戻るのは、3月に入ってからと想定することに妥当性があります。

そんなこんなの状態になりますので、各工場は受注残を急いで製造して春節前に出荷してしまいたいと思っています。
従って、原料・資材関係の相場は上がり基調となります。

【ご興味があるかも…】
★ 春節に向けて日常に変化-福到

蛙(フロッグ)料理 - 上海

蛙(フロッグ)料理は上海でポピュラーだと思うのですが…

サッパリ感のある淡泊な味の軟らか~い牛蛙の肉は、鶏肉と煮た白身魚の中間とでも言えそうですが、本当に癖が無くて、何方でも楽しむことができます。

久し振りに食べたくなり、行き付けのレストラン(食堂)ではなく、新たな場所を探してみようと思い、ネットで調べてみました。

とろが、意外とヒットするレストランの数が少なく、良さそうなレストランも見つからず、結局は、バスに乗って、行き付けのレストラン(食堂)に行った次第です。

場所は、中山西路と宜山路の交差点にある光启城(guang qi cheng)というショッピング・モールの地下2階です。

光启城は、地下鉄3号線あるいは4号線の宜山路站(駅)から宜山路を渡って右手直ぐの所にあります。
9号線なら宜山路站から地下通路で光启城に入って行けます。

フロッグ料理店

上の写真に見られるように、小さな牛蛙専門の食堂です。

今まで、4~5カ所のレストランで蛙料理を食べましたが、蛙料理が食べたくなると、いの一番に思い出すのが、この食堂です。

フロッグ料理店の名前が入った箸袋

まあ、それだけ満足感に浸れるということですね…
料理と値段の両方です(^-^)

難点は、ちょっと窮屈な感じで、食事時は順番待ちになることが多いということですね。

フロッグ料理店の名前が入った箸袋の裏にあるISOと各店

上海には、他に3カ所あります。

食品安全監督評価ポスター

最近は、レストランの壁に貼り付けられた食品安全監督信息公示を目にするようになりました。

この食堂の監督検査結果は、上(良好)・中(一般)・下(較差)の中で、中ですね…
つまり、一般的な食品安全管理がなされているという意味です。
但し、一般的とは何なのかという突っ込みはなしにしましょう(^-^;

フロッグ料理

上の写真の二人分の料理とご飯付きで120元弱(約2,000円)です。
二人分にしては充分すぎる量ですね。

基本料理にお好きな野菜、豆腐、キノコ、海藻、お餅などを追加して注文します。
なお、注文時に辛さの程度は選べますので、安心です。

肝心の牛蛙は、お肉がたっぷり付いている太ももの部分も味わえます。
レストランによって、サービスのレベルに差がでる部分ですね。

1か月に2~3回は行ってみたいと思わせる味力(造語)がありますね(^-^)

最後に、ちょっとしたご注意です。
蛙料理がお好きな方は、市場で食用蛙を売っている店には出来るだけ近づかないことです。

何故かという理由は、言わぬが花ならぬ、聞かぬが花ですね…(^-^;

民主主義という正義の名の下の文明の破壊

正義という名の下に、


他の人間社会の生活環境を破壊するってのは、何か中世の宗教による征服とイメージがダブるんですけど… 変ですかね?

もっと生活しやすい環境をつくってやったから、こっちに住めって言われて、はいそうですかってんで、喜んで新しい生活を始めちゃうものなんでしょうか?

その人々が営々と送ってきた社会生活の歴史のなかで培(つちか)ってきた多くのものを、捨てですよ。
良く分かりませんが…

これからも頑張って生活してゆくぞ!
っていう気持ちが維持されるんですかね?

どうして異文化の社会の人々を、そっと見守ってやれないのかなあ、と私は思ってしまうのです。

「そう思うのは、おまえの勝手だけど、重い病気の子供を抱えた親が、その子の病気が治せる環境があるんなら、他のことは捨てても、そっちに行ってしまうだろう」
「う~ん、そうなんだよなあ」


白人社会の正義


でも、強い支配力を持つ白人社会は正義という名の下に他の地域社会を征服してきたと思いません?

どうして、米国がイラク攻撃を決断する際に誰もまともなことを言えなかったのだろうか?

まあ、言えなくとも不思議ではないかもしれません。
だって、高い文明社会の人々は当時のイラクで生活したいとは思わなかったんでしょうから…

しかし、他の地域社会の文明に関しては、
ホウッテオケ!!
ということを敢えて言いたいですねえ。

学ぶチャンスを与えることはあっても、大多数の住民の要望でもない限り、それを他の社会の手で変えようとしてはいけないと思うんです。

各地域社会は自助努力で諸問題を解決してゆかなければ、本当の意味での自立はありえない、な~んてね、考えるわけですよ。

はたから見れば、馬鹿なことをやっている、悲惨だ、酷すぎると思っても、放っておくことが大事なんではないでしょうか。
時間が掛かるだろうが、自助努力で変わってゆく筈だと信じてあげるわけです。

それが自然な歴史の流れだと思うんです…

でも、まあ、これは東洋的な考え方で、西洋の考え方とは異なると言われます。

確かに、地球規模で見ると、
西洋の対立思考と征服欲は東洋より際立って強いですが、問題は、その中心に存在する宗教というものが見えてくることですね。

上海は今日も雪が降ってます

上海の積雪
今日の降雪は、一昨日よりも本格的な感じがします。
昼前から降り始めたようです…
気付いたのがチョット遅れたように思いますので…

この地区の現在の天気予報では、今でも、今日は曇り時々晴れになっています…
実際には、雪が降っているのですがね…(-"-)

天気予報では、明日は雨/雪となってますので、その天気予報を信じるとすれば、降雪は、明日まで続くことになりそうです…
なにしろ、雪が降っても不思議のない寒さですので。

プロシキサーバーに接続しています。資格認証をして下さいーポップアップ

VPN接続後にポップアップが出るのであれば、そのポップアップにVPNのログインIDとパスワードーを入れて下さい。
それで全て解決する筈です。
ーーーーーーーーーーーーー 

「“odc.officeapps.live.com”に関する問題」の続きです。

Officeのアプリを使用する時に、何故か、再度、首題のポップアップが現れました。

今回は、キャンセルをクリックしますと、違う作業を行うまでは現れませんが、煩わしいです。

原因は、VPN使用にあることは分かってます。
再度トライした解決方法は次の通りです:
Win10のプロキシ設定画面
Win10のタスクバーの右端にある吹き出しのようなアイコンをクリックして、「すべての設定」を開きます⇒「ネットワークとインターネット」お開き、左項目の「プロシキ」クリックしますと上の図の画面となります。

VPN以外では、普段プロシキを使用しておられないのであれば、上部の「自動プロシキ セットアップ」には、何も設定されていない筈です。

下部項目の
「手動プロシキ セットアップ」内で、「プロシキ サーバーを使う」が“オン”になっていましたら、アドレスとポートの枠に記入されている数字を全て消してから、“オフ”にします…上部の図のようになります。

保存ボタンをクリックする必要はありません…
というよりは、クリックできません。

「これらの設定は、VPN接続には適用されません」とありますが、私のケースでは、明らかに影響があります。

次に、左項目「VPN」をクリックして開き、ご自分が使用しているVPNをクリックし、「詳細オプション」をクリックして開きます。
そして、下の方にある項目「プロシキ設定」で、「設定を自動的に検出する」にし、下の適用ボタンをクリックして終了です。

以上の処理で、
あの煩わしいポップ・アップは現れなくなる筈です。

但し、INTERLINKの世界ブラウザをお使いの方は方法が異なります。

上図の「プロシキサーバーを使う」を“オフ”してはイケません。
“オフ”にすると、サイトへアクセスできなくなります。

Win10のVPN設定画面
その代わり、左項目「VPN」をクリックして開いて、VPN接続で登録されているINTERLINKを削除します。

これで問題ない筈です。

PS.(2018年6月25日)
単純な方法は、資格認証要求のポップアップがでましたら、それに、使用しているVPNのユーザーIDとパスワードを打ち込みますと解決します。

OKボタンをクリックする前に「資格情報を記憶する」に☑が入っていることを確認することです。
これで、二度とポップアップは現れません。

上海は雪が降り続いて凄く寒いです

上海は昨晩から雪が降り続いています。

でも、降り方が穏やかですので、駐車場の車が薄っすらと白くなっている程度です。

気温も、寒いと言っても+1℃程度ですから、東京の48年振りと言われる二桁台のマイナス気温と比べたら、酷く寒いという表現は適切ではないかもしれませんね。

上海の初雪!?

初雪
今現在、上海に初雪(多分)が微かに舞っています。
外気温は4℃程度です。

天気予報では、明日は雨/雪です。

"odc.officeapps.live.com"に関する問題

PS.
VPN接続後にポップアップが出るのであれば、そのポップアップにVPNのログインIDとパスワードーを入れて下さい。
…それで解決します。

Officeのワードを立ち上げると「プロキシサーバー"odc.officeapps.live.com"に接続しています」という見覚えのないポップアップが現れ、資格認証を要求します。

キャンセルをクリックして消しても、そのポップアップは直ぐに現れます。

この繰り返しを何回も行いますと、立ち上げているワードがプログラムエラーでダウンしてしまいます。

私のPCのOSはWin10で、Officeは2016です。
VPNを時々使います。

私の場合の直接的な原因は、VPN接続です。
上記の詳細な原因は分かりませんが、昨年までは発生していませんでした。

しかし、そのトラブル解消方法は簡単です。
VPN接続後にポップアップが出るのであれば、そのポップアップにVPNのログインIDとパスワードーを入れて下さい。

それで全て解決します。

VPN接続にすると何が変わるか、その確認方法は次の通りです。

インターネットオプション(IEまたはコントロールパネルから開きます)の「接続」タブをクリックして⇒右下にある「LANの設定」をクリックします。

その中の項目「プロシキ サーバー」の「LANにプロシキ サーバーを使用する・・」にチェック(レ)が入っています。

私の場合は、普段は、プロシキ サーバーを使用しませんのでチェック(レ)は入っていませんが、VPN接続を使用する時だけ、自動的にチェック(レ)が入ります。

私が試した問題の解決方法には2通りあります。

その一つが、
「LANにプロシキ サーバーを使用する・・」
からチェック(レ)を外し、OKをクリックして完了です。

この方法での問題は、
VPNの接続は切れませんが、プロシキサーバーへの繋がりが切れますので、インターネットのサイトにアクセスできなくなることです。

再度、サイトにアクセスするためには、そのチェック(レ)を再度入れる必要があります。
まあ、面倒臭いので、余りお勧めできる方法ではありませんね。

もう一つの方法は次の通りです。
Office(ワード、エクセル、パワーポイントなど)のオプションで左サイドの項目セキュリティー センターをクリックし ⇒項目(Wordの場合)Microsoft Word セキュリティー センター内の「セキュリティー センターの設定(T)...」をクリックします。

そして、左サイドの項目プライバシー オプションをクリックします。

一番上のプライバシーオプション内のチェック項目「OfficeをMicrosoftのオンラインサービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」のチェック(レ)を外します。
(この項目はOfficeの更新に影響しません)

これで完了です。

勿論、
最後はOKをクリックしなけばなりません。

尤も、もっとスマートな解決方法があるのかもしれませんので、ご興味のある方は、是非、調べてみて下さい。
【続き】
プロシキサーバーに接続しています。資格認証をして下さいーポップアップ 

ボトルインクは最後まで使えない!?

Tags
パイロット万年筆とパイロットインク

時々思うことですが…

コンバーター式でインクをボトルから吸い上げる際にボトルに残っているインクが半分ぐらいに減っていますとインクを吸い上げることができないと思うのです。

その残ったインクはどうするんでしょうね…

新たにボトルインクを買ってきて注ぎ足すか、あるいは、新たなボトルインクが半分ぐらいに減ったら、古いインクをそのボトルに加えるということになるのでしょうか。

私は、空になったインクカートリッジに、注射器でボトルインクを入れて使っています。

インクカートリッジは、問題なく数回以上再利用できます。

表現能力に己の限界

以前、仕事で大変お世話になった方が、久し振りに私のブログを見て下さったようです。

貴重なコメントを年賀状で頂きました。
バーやクラブに関する投稿内容が、もっとチャーミングであれば、ブログを再度訪問する気になるのだが…
ということでした。

因みに、チャーミングとは、
「人の心をひきつける、かわいらしくて魅力的な」
という意味だと理解します。

う~ん、尤もなご指摘です。
まあ、暗に、私の表現力が拙いということが含意されているのだと思いました。

全くその通りですね。
艶めかしさなどの表現能力に己の限界を感じております。

真っ青に晴れ上がった元旦

青く晴れ上がった元旦の空

雲一つない真っ青な晴天の元旦です。

風も殆どなく、
川の岸辺の草むらで野良猫が、身繕いしながら日向ぼっこしている穏やかな日です。