日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

2017年11月7日火曜日

意見 政治

豊かに水を湛える新利根川風景
新利根川風景
利根川一帯は広大で肥沃な食糧生産地です
日本の農業の将来のために、農業協同組合の解体が不可欠かもしれませんね。

飛び抜けて素晴らしい国に

薄緑の3D日本地図
漠とした思いですが、
日本が人口を2億人まで
増やすことができるなら、
その過程において、日本はファンタスティックな…飛び抜けて素晴らしい国になると思うのですが…

日本国土は狭くない

日本国土は決して狭くはありませんので、広く活用して、試行錯誤を繰り返して、人口を1億5千万人にすることが出来ますと、その後の2億人達成は難しくないと思います。

日本の国土には、人口2億人を育める広さが充分にあると思います。
現在の55都道府県で平均370万人の人口を達成できますと、総人口で2億人を超えます。

インフラと社会制度改革

そのためには、インフラの整備だけにとどまらず、社会制度の変革が必要でしょう。

一番大きな改革は、子供の成長過程が親の環境/生まれた環境(特に、経済環境)によって左右されず、平等に教育を受ける機会が与えられることでしょう。
それによって、親の負担も大幅に軽減されます。

食料自給率の改善

それと、食料自給率の改善でしょうね。

栽培・耕作システムを変えて、単位面積当たりの収穫率を上げる必要があるでしょうね。

日本に住みたい

勿論、国の生活環境を、人々が、子供の将来に期待でき、日本の社会に住み暮らしたいと思うレベルに向上させてゆく必要があります。

【ご参考】
★ 島国「日本」は本当に小さいの!?
★ 可住地面積…日本狭すぎ!?

PS.
世界を牛耳っている極少数の人々は、世界の人口を減らす方向に舵を切っているようです。
【ご参考】 凡人の考察

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

アーカイブ

ラベル

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ