“しまむら” 上海古北地区に出店

衣料品の“しまむら”が開店しましたね。
古北地区の楼山关路と茅台路の交差点そばにあるビル内にあります。

日系スーパーのAPITAに立ち寄りました時に見つけました。

5割以上の割引特売で合成皮革の革ジャンを見つけ、思わず買ってしまいました(^^;) 
100元でした(約1,800円)。

これから益々寒くなる季節に電動自転車に乗るには打って付けの上着です。

(PS. 生まれて初めて革ジャンというものを着ましたが、全く寒さには役立ちませんね…昔、10万円以上もする革ジャンを着ていた方が、革ジャンは寒さ対策にはなりませんよ、と笑われてしまいました)

売り場はワンフロアの一部だけで、決して広くはありませんが、GUの一階よりは広いですね。
ただ、未だ有効にスペースを使うところまでには至ってないようで、全体的に商品の種類と数が少ないという印象です。

外の一階にはOld NavyとGUが店を構えていて、それらと比べると明らかに見劣りします。
従って、ニッチな品揃えがキーになりそうですね。

安くても、
明らかに品質がGUよりも劣るという印象を中国人のお客たちに与えてしまいますと、お店の寿命は極端に短くなる可能性もありますね。

直ぐにでも改善して欲しいと思った点は、フィッティングルームでの対応ですね。
入り口に店員はおらず、自由勝手に出入りしてくれという状態でした。
(PS. 日本でも同じやり方のようですね)

上海では、和食の店が驚くほどに数と場所で拡大しています。
それだけではなく、色々な日本品の店も元気に活躍することは喜ばしい限りですね(^-^)