夜中の騒音ー地下鉄新設工事

2017年11月12日日曜日

仕事 社会問題 人権 中国

地下鉄工事現場

上海の中心地での地下鉄新設工事が始まっています。
新設と言いましても、既存の線を延長するための工事です。

開通は、2019年になる予定ですので、長期間の工事になります。

この地には、2キロ程度にわたって、二階建ての商業ビルが連なっておりましたが、あっという間に取り壊され、整地されました。

その排除された商業ビルの直ぐ裏側に高層マンションが立ち並んでいます。

当然のことながら、工事の大きな騒音が引っ切り無しに続いています。

日中の騒音は、たとえ大きくても、まあ、開通後の便利さを思うと、我慢できるかもしれません…
日中は出掛けている住人たちも多いことでしょう。

ところがなのです…
夜になっても、深夜になって日付が変わっても工事は続くのです!?
…当然、大きな騒音も続きます…

窓を締めて寝ていましても、響きを伴う騒音がハッキリと聞こえてきます。

個人差はあるでしょうが、
なかなか眠りにつけない住人たちも、おられると思います。

つまり、
少なからずの住人たちは市役所に対して、深夜工事の中止願いを出していると思うのですが…

しかし、深夜の工事が一か月以上も続いていることに鑑みますと、当然のごとく、公共が個人に優先されたんでしょう…

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

アーカイブ

ラベル

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ