上海夜遊びの近況

カクテルをグラスに注いでいる

上海の、いわゆる、
如何わしいマッサージ店は、
ドアが紙テープでX状に貼られているようです。

今年末までは動きが取れないと店主たちは言っていて、中には、廃業してしまっている店もあるそうです。

営業せずに家賃を払ってゆくのは難しいのでしょうね。
まあ、生殺しというよりは、勝手に死んでくれという状態でしょう。

今月25日から緩和されるという情報もありましたが、否定的な見方をする方々もおられます。

他方では、KTVクラブの有名店“818”が、10月から平常通り営業しますという広告を出しています。
(PS. 実際には、開店しませんでした)

今週から、縁結び7号店の店員がビルの入り口に立つようになりました。
客の出入り口は閑散としてますので、店としても本腰を入れたいと思い始めたのでしょう。

私は、8月末から飲み屋に行くチャンスは全くありませんでしたので、最近の中の様子はわかりませんが、今月後半にはチャンスがありますので、事前に、安全面の確認をしようとは思っています。


EmoticonEmoticon