KTVクラブ以外で友達の作り方…聞いたお話し

中国に単身赴任をなさっておられる方々で、
KTVクラブでネンゴロになった娘と遊んでおられる方々が、日式KTVクラブの多さに鑑みても、非常に多いと思われます。

まあ、それはそれで結構なことだとは思いますが、孤立する寂しさから救ってくれる方法は他にもありそうです。

ある日本人の方から下記の経験談をお聞きし、そういう探し方もあるのだと知って感心したことがあります。(お話自体はチョット古いです)

中国のサイトにもお友達を探すサイトがあるそうです。

そういうサイトに、
例えば、日本語を教えます、中国語を教えて下さいというタイトルで、条件と連絡先を書いて掲載します。

条件は、勿論、ご自分が友人に求めること関するものが中心で、連絡先は、電話番号やWeChat、Skypeなどになります。
名前をニックネームや偽名で登録することは勧めないそうです。

そうしますと、対応に苦慮する程に多く人から連絡が入り…電話での連絡が意外と多いので…びっくりすると言ってました。

但し、注意が必要とのことです。
そのようなサイトでの友達探しは、中国人たちも危険だと言っています。
巧妙に騙して金を巻き上げようとする輩が少なくないからなのでしょうね。

電話での会話で良いと感じたら、
WeChatかSkypeでの交信を提案し、
できるだけ多くの人とチャットしてゆくうちに、一週間以内に殆どの女性達との交信が途絶えるそうです。

彼女らは積極的で活発で、例えば、返事が遅れますと、彼女らは自分に興味がなさそうだと思ってしまい、離れてゆくというお話でした。

また、チャット内容で、これじゃあ~友達付き合いは無理だと思う人も出てくるので、その場合は、付き合いを断るのではなく、入ってきたメッセージに返事をしなければ、自然と離れてゆくそうです。

常時5~6人以上の人達と個人的にチャットをしている慣れた女性も多いそうで、その中には、自分の写真を掲載して美貌をひけらかしている女の子もいるそうです。
そういう女性は、自分とチャットできるチャンスを与えてあげているんだという意識があるそうで、すべてに強気なんだそうですね。

ご自分の容貌に絶対的な自信を持たれてる方であれば話は別なんでしょうが、まあ、普通はそんな女性と付き合うのは草臥れますよね。

すぐに会いましょうと言ってくる女性とは絶対に会ってはいけないとのこと…
水商売や危険な娘である可能性が高いからだそうです。

まずはSkype(WeChat)でお話して、
お互いをもっと知ってからにしましょうと言いますと…
そういう女性たちは自然と離れてゆくとおっしゃってました。

そんなこんなで、1~2週間以内に気の合いそうな女性が2・3人の残るそうですが、全く残らない場合もあるのでしょうね…
その場合はどうするのかまでは聞いていません。

その残った気の合いそうな女性たちとチャットを続けて、遠回しに相手の信頼度をチェックしてゆき、問題がなければ、次のステップに進むんだそうです。
その期間は2週間以内と言ってましたね。

彼女が上海在住でなくとも、チャットを続けて楽しいそうで、結構オープンに色んなお話ができると言ってました。
また、上海まで2時間程度の距離なら、仲良くなれば会いに来てもくれるそうです。

上海にいる女性と会うなら…
初めての待ち合わせは、彼女が好む場所にするべきだそうで、会ってから落ち着く場所はKFCやMAC、または、今では沢山ある喫茶店が良いだろうとのことでした。

会ってから容貌が自分好みではないと分かっても、ちょっと厄介ですが、紳士的にデートを全うするべきで、その後は、たとえ自宅でご馳走しますと言われても、絶対に応じないことだそうです。

できるだけ傷つけないように
自然に離れてゆくように仕向けてゆくんでしょうね…
私には無理そうですが…

それを避けるために写真交換を初期段階でやるのも良さそうですが、完璧ではないそうです…
彼女らの写真は、とても実物とは思われないものが少なくなく…むしろ、それが一般的かもしれないと言ってました。

そして、お気に入りの女性に複数出会ったとしても、KTVクラブの娘とは全く違い、また、日本の女性とも違うので、その複数を維持しようとしてはならないそうです。

何故なら、彼女らの所有欲には凄まじいものがあるからだそうです。

まあ、自分の時間が管理される覚悟が必要だそうで、彼女に自分が気に入られたら、今何してるの?
という電話やメッセ―ジが毎日中3・4回は入ってきて、対応に苦慮することになると言ってました。

平日の仕事中でもお構いなしで…
そして夜はチャットになるそうです。

デートは週に、望めば、2・3回するようになるそうです。

従って、とても複数の女性をカバーできる時間的体力的な余裕が残るとは思えないと言ってました。

また、彼女らのプライドは高く…
特に、スレていない女性には
様々なことに拘るプライドを感じさせられるそうです。

大学を卒業している女性たちのプライドは特に高いそうで…
色んなん場面で感じさせられると言ってました。
例えば、自分の出身大学よりも下の大学を出た男性とは原則的に付き合いたくないそうです。

ですから、本当に仲良くなるまでは、対等の付き合いを望んでくるので、食事などでも、
高級レストランに誘うには特別な理由が必要になるんだそうです。

プレゼントも高価な物は、下心があると思ってしまうようで、受け取らないと言ってました。

そして、強烈なヤキモチにはウンザリするそうですね…
例えば、彼女の女友達を招待して一緒に食事をしようかと提案したらトンでもないことになってしまったそうです…

KTVクラブに一人で行くこともご法度で…
いつでも誤魔化すことができると思ったら、
それは考えが甘すぎるぞと言われました。

メッセージを受け取ってから返事が遅れたり
電話にでなかったりしますと、
後で、その理由を追及されるんだそうです。

ですから、本当に気に入った女性でなければ、
とても付き合えたもんじゃあないと言ってましたね。

そんな女性は煩わしくて付き合えない、
それならKTVクラブの娘の方が気が楽だ
と思われる方も多いかもしれません…尤もです(^-^;…
事故にあわなければですがね。

PS.
それでも、私はKTVクラブの娘と付き合うのは無理ですね。
話が合わないので、絶えず私の方からご機縁を取るという努力を続けなければならないため、接待の延長になってしまいます。

つまり、会話を楽しむことができないのです…
これは私にとっては致命的です。

お付き合いとKTVクラブで遊ぶこととは、全く異なります。

KTVクラブでは酔っぱらって楽しんでいればイイだけですが、お付き合いとなると、シラフで楽しめなければだめですよね。
それには基本的に会話が楽しめなければ無理ですねぇ~…

ただ、バドミントンなどのスポーツをやる時に、人数合わせで参加して頂くこともあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html