韓国にとって必要なこと

今は南北に分かれさせられている朝鮮人たちですが、彼らには他人を忖度する習慣はなく、都合の悪いものは全て歴史から抹殺するという志向が強いですね。

習近平国家主席がトランプ大統領に
「朝鮮半島かつて中国の一部だった」
と話したというニュースは韓国民を驚かしたようです。

まあ、驚いても良いんですが、韓国の歴史を直視しますと、以前から中国人の知識層ではそう考えられていると思って当然です。

韓国の方々は、その歴史を黙殺しているだけです…
従って、対中国の適切な政策も構築できない、あるいは、する意思もなく、場当たり的な対応で右往左往しているだけです。

その統一された国の政治体制は限りなく中国のそれに似てしまいます。

つまり、500年以上続いた李氏朝鮮時代への実質的な回帰となります。

国際政治力学上では当然の帰結ですので、それが悪いということではありません。

韓国国民が、歴史と現実を直視して、
自分たちが進む方向を主体的に定めることができれば良いのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html