漢字文化には厄介なこともあります

毛筆で書く漢字

それほど頻繁な間違いではないのですが…

スマホでメッセージを入力していて、タッチ間違いで違う意味の漢字を入力してしまったことに気付かないままに、送信してしまうことがあります。

例えば、「変」を入力するために「へん」と打ちますと、返、辺、変、編、片、偏、篇、遍など、幾つもの漢字が表示されます。

その中で、「変」にタッチすれば良いのですが、誤って他の漢字に触れて入力してしまったことに気付かない場合があるのです。

間違って入力した漢字のために、明らかに文の意味が通じなくなる場合は問題ありません。

しかし、その文の意味が成立してしまうと厄介になることもあります…


EmoticonEmoticon