徒然に…中国関連

2016年12月1日木曜日

ブログ 国際関係 中国 天候

t f B! P L
Windows Live WriterでBloggerに投稿できなくなってしまってからだいぶ日が立ちます。

その所為だけではありませんが、このブログは書き込みが面倒になってしまいました。

それでも、このブログを捨ててしまう気にもなれません…
気紛れに書き込むには丁度良いのです。

上海に住み始めてから五年にもなります。
かといって、中国も上海も知っていると人には言えないような状態です。

友達のようになった色々な中国人たちと話をしていますと、まあ、同じ日本人たちの中でもそうですが、必ずしも報道されているような見方を共通して持っているとは限らないことが分かります。

ただ、意外と(?)、
中国の報道機関のニュースを信じている人達が多そうですが、一般庶民の人たちの中にも行き過ぎた報道と感じて、それは信じていないと言う人たちもいるようです…

このことは、その人たちに私が直接言われたのではなく、間接的に知ったことですので、多分、本当のことだと思います。

今年の上海は雨の日が非常に多かったという印象です。
天気予報では、4日間や6日間連続の雨の日が珍しくありませんでした。
まあ、しかし、上海の天気予報の変わりやすさにはビックリさせられますが…

中国人旅行客たちの日本での爆買いは、台風一過でもあるかのように過ぎ去ったようですが、中国人の旅行客だけをとりますと中国政府の規制でも入らない限りは、まだまだ増えそうな感じがします。

いわゆる裕福ではない労働者たちで日本に旅行したいと具体的に考えている人達が多そうです。

マスメディアが姦しく報道していた経済面での効果よりも、より多くの中国人旅行客が日本に来て頂くことで、もっと重要な効果が期待できると思います。

それは、中国人たちの日本を見る目が具体的に良い意味で変化してくることに対する期待です。

それによって、たとえ日中関係の悪化を中国政府が国民を使って煽り立てても、例えば、街中で壊される日本車や日系の店の数が以前よりは減ることが期待できそうです。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

QooQ