上海の厳寒

先日の日曜日は道行く人の数もめっきり少なく、外に出たことを後悔するような、慣れてない人にとっては凍え死にそうとさえ感じさせるような寒さでした。

今日は、ここ数日の厳寒が過ぎ去りつつあるように感じさせる日和です。
まるで厳寒という台風が過ぎ去った後かのように、今日の上海の空は晴れ上がっています。

台風の傷跡のように、水道が凍ってしまい水が使えないという家庭も多いようです。
地域協力隊のような支援組織が水が使えなくなってしまった家庭に水を供給しているそうですが、それにしましても、トイレやシャワーなど何やかにやで大変困った状況だと思われます。

私の知人が、昨夜、仕事から自宅に帰ってみたら、部屋中が水浸しだったと言っていました。
多分、水道管内の水が凍って水道管に亀裂が入って水が漏れだしたのでしょう。

それでも、ポイント故障などで電車の運行が停止されたという話は聞いていませんので、厳寒の影響を受けそうな交通機関の話題はありませんでしたね。

今週の後半からは、普通の冬に戻りそうです・・・


EmoticonEmoticon