上海の部屋の内部事情

2015年12月20日日曜日

中国 日常 部屋

t f B! P L
もうすぐ一時帰国です。家族と過ごす2週間が楽しみです。

不思議なもので、
日本の取引先の方々と上海で定期的に会ってはおりますが、日本に帰国した時には殆ど会うことはありません。
多分、一時帰国は骨休めが主目的だと思われているのかもしれませんね。

上海で部屋を借りて住んでいますと、まあ、色々な故障や不具合が発生します。

大きなエアコン(冷暖兼用)が動かなくなってますが、今まで2回ほど修理してもらってますので、もう面倒臭いという気分になり、セラミックヒーターを購入して使っています。

部屋全体の暖房には向きませんが、局所的にはエアコンよりも充分に暖かいですね。

天井の壁に吊るしてあるスティール製の物干し竿が天井から外れて何回か直してもらいましたが、四回目でようやく外れなくなりました。

中国人は部屋の中でも重量感のある扉や引き戸が好きみたいです。
それはイイのですが、その重量に小さな滑車の耐久性が追い付いていないようで、よく壊れます。

トイレの引き戸の滑車は3回も替えてもらいましたが、ベランダ側のガラス引き戸の滑車は壊れたままにしています…
開け閉めはギクシャクして力が要りますが、まあ、なんとかなってます。

一年前に異常な音が出て修理してもらった洗濯機も、そろそろ再度修理の時期が近い付いてきているような気配です。

シャワールームの換気扇が機能しなくなっています…
排気はするけど、吸気の方が動きません。

動かなくなってから一年近くなりますが、中国での生活に段々と慣れてきたせいか、まあいいやって感じになってしまい、修理を頼んでません。

春夏秋はドアを開け放ってシャワーを浴びますから…
まあ、それで良しとしていました。

それでも、至急に修理をしてもらわなければならない事もあります。
トイレの便器とフロアの継ぎ目から水が漏れだしたのです…
給水の継ぎ目をチェックしても水漏れはありませんので、便器の内側にひび割れが起こっていると思われます…なんか想像もしたくないという気分ですね。

とにかく、自分の部屋の問題だけではなく、下の部屋に水漏れが被害を発生させる可能性がありますので、間もなく大家さんが修理人を連れて来ることになってます。

それもあって、昨日は部屋の掃除を時間を掛けて丁寧にしておきました。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

中国 (546) 政治 (185) 日常 (174) ブログ (126) 意見 (112) 社会問題 (90) 歴史・文化 (87) 企業 (85) 天候 (82) 仕事 (81) 国際政治 (76) 歓楽 (75) 社会経済 (73) マスメディア (68) internet (67) 国際関係 (49) 官僚 (49) (48) 健康 (42) ビジネス (41) 趣味 (39) 気候 (37) 経営 (35) 映画・ドラマ (34) 自然 (34) 人権 (33) 料理 (32) 愛情 (30) パソコン (28) 接待 (28) (27) (26) 教育 (25) 風習 (25) 祝日 (24) 旅行 (22) 性格 (20) 通信 (18) 評論 (16) メール (13) 部屋 (12) 友人 (11) 建設 (8) 音楽 (7) ペット (6) お菓子 (4) スポーツ (4) 芸術 (3)

アーカイブ

Follow by Email

QooQ