トヨタも発想の転換が必要なのでは…

トヨタが昨年3位から今年は6位に
落ちてしまったようですね。
ルマン24時間耐久レースのことです。

世界の自動車販売でトップシェアを争っている
フォルクスワーゲン(VW)グループ
(ポルシェとアウディ)に
負け続けているそうです。

トヨタは、企業体としては
余りにも有名な実績を世界で残してきている
資金力豊富な巨大企業です。
toyotaTS040 HYBRID
しかし、トヨタがルマンに過去17回参戦して
1勝もできないという結果は、
走行性能と耐久性の究極を目指す
自動車レースにトヨタの歴史的な理念が
適合しないせいなのかもしれませんね…
要するに、80点主義のことです。

ポルシェとアウディに対抗できる
日本の自動車はあるのかと考えますと、
日産のGTRとスバルのSTIに
落ち着きそうです。

ロータリーエンジンのマツダのRX-7は、
かつてはルマン24時間耐久レースで
勝ったことがあります…凄いことですが、
現在は製造されていません。

現在のスバルはレースから一歩も二歩も
退いておりますが、WRCレースでの実績に
申し分ないものを持っています。

トヨタも発想の転換をして、
スバルに資金をつぎ込んで、
スバルのレース活動を活性化させた方が
賢明だと思うのですが…

でも、熱狂的なトヨタファンているんですね。
ちょっとビックリしました…
尤も、自動車評論家たちだけなのかも
しれませんが…(^-^;

【ご参考】
★ Toyota 86 で見るトヨタの限界 

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html