長く住み過ぎた!?…上海

上海の下町

知人が読むこともあるために、書きたくても書けないということがありますよね…
これでは日記にもならないのですがね…(-_-;)

上海に住み続けて、もう足掛け5年となります…

日本の本社からの駐在ですと、4年目になった時点で、もうそろそろ帰国して本社に戻らなければ、戻るポジションが無くなるのではと心配をするのかもしれませんが、如何せん、日本に本社なるものが無いものですから、その心配をする必要もなく、ズルズルと時が過ぎてきているという状態です。

仕事仲間と言いますか、先輩諸氏の支援を受けて、金しか頭にないコンサルティング会社に設立手続きをお願いし、一から上海に会社を設立するために奔走しました。

NHKの特別番組で紹介されたこともあるという、このコンサルティング会社の担当部長は、妊娠中ということもあったせいか、とんでもない方で、非常に苦労させられました…

余りにも酷過ぎましたので、手続きが完了した後で、手数料を半分に値切らせて頂きました(^^;

安くて手頃な事務所を借りるために町の不動産屋を何件も回り、事務所として使えそうな部屋を探して、本当に足が棒のようになる程に歩き回ってヘトヘトになりました。

しかも、会社登録が可能ということで契約した部屋が、実は登録できないということが後で発覚して、慌てて日本から上海に飛び、再度部屋探しをしたという苦い経験もさせられました。

上海で受けた健康診断で測定した医者が慌てて再度測定し確認した程に血圧が上がっていました…上が190でした…
それまでの健康診断では高血と言われたことは一度も無いのですが(-_-;)

紆余曲折がありましても、何とか輸出が可能となる手続きも完了し、本格的に販売活動を始めようとしていた矢先に、何と!? 尖閣諸島領有権問題で日中の関係が極度に悪化してしまいました。

販売活動どころか、電話をしても会ってくれる中国企業すらありませんでした。

まあ、最悪のタイミングでのスタートとなった次第です。

このような回想めいたことを書いていますと、本当に自分はそろそろかなと思ってしまいます(-.-)


EmoticonEmoticon