ハムスターのお話です

ネットで知り合った方がハムスターを飼っておられるようですので、以前、私が飼っていたハムスターのお話です。

二年チョット飼っていた
パイド・ジャンガリアンのパイちゃんです

手の平の上のパイド・ジャンガリアン
おバカちゃんでしたが、かなり可愛がりました。

ゲージの天井に逆さまに張り付いて、ゲージの細い鉄柵を囓(かじ)りまくるという特技の持ち主でした。

さすが齧歯類(げっしるい)と感心したものです。

ハムスターの値段
ハムスターのサイトはビックリするほど沢山あります。
何匹も飼っておられる方々が多いみたいですね。

但し、
ゲージは別々にしなければなりませんよ。 
二匹一緒にすると、もの凄いケンカをして傷つけ合いますからね。

最初に、一匹だと淋しいだろうと思って二匹一緒に飼ってしまい、可哀想なことをしてしまいました。

日本の郊外の大きなスーパーやショッピング・センターには、色々な種類のハムスターが販売されています。
一匹だいたい400円台から600円台です。 

パイド・ジャンガリアンのように珍しいものでも、3000円まではしません。

柿のタネを食べているパイド・ジャンガリアン
食料品の買い出しに付いてきた子供達にせがまれて、食料品と一緒に買ってしまった、というようなレベルの値段です

ショッピングカートのイラスト
ハムスターのお散歩!?
ハムスターのサイトで「お散歩させる」とでていたのを見て、ジョーダンだろうって思ってしまいました。

一体どうやって散歩させるの!? 
手のひらに隠れてしまいそうな、そんな小さな生き物にヒモ付をけて?
ノラネコが嬉々としちゃうじゃない…
 ヘビがいるかもしれないし…
 監視するだけで大変じゃん。

まあ、散歩=屋外という既成概念(思い込み)が、私を束の間たのしませてくれたわけですが… 何のことはない、ゲージから出して部屋の中に放して遊ばせてやることでした(^_^;)

立ち上がって柿のタネに食いついているパイド・ジャンガリアン
ところが、この散歩なるものが結構大変なんですよ(-_-;)
 
部屋には色々な家具が置かれてますよね。 
手の入らない隙間が結構あるものです。

色々散らかっていると尚更です。 

結局はジーッと監視していなくちゃならないんです。

多分、ハイハイする赤ちゃんやヨチヨチ歩きのお子さんを、心配そうに見守っているお母さんの心境とでも言えるでしょうか…言い過ぎ(^-^;
裸の赤ちゃんのイラスト

でも、本当に注意が必要なんですよ。 隙間という隙間をすべて塞(ふさ)ぎ、さあ~これで安心、好きなだけ遊びなさい、な~んて思っていると、トンでもないことになったりします(>_<)


EmoticonEmoticon