作文能力の成長過程…

2015年3月29日日曜日

ブログ

ツバキの蕾
ツバキの蕾

中国製の万年筆(英雄=32元)を使いたくて、ブログ投稿の下書きのような内容をA4のコピー用紙に書きなぐってみましたが…

万年筆で遊ぶ方に気を取られて、書いている内容が小学校の低学年のようなものになってしまいました(-_-;)
…お前の文章は、元々そのレベルじゃないかと言われてしまいますと…
反論のしようがありませんが(-.-)

昔々に読んだ本の記憶を辿りますと、作文能力の成長は抽象的な表現ができるようになるところから始まるそうです。

例えば、小学校の低学年では;
「今朝は7時に起きました。歯磨きをして石鹸で顔を洗いました。ランドセルに教科書とノートと鉛筆を入れました。学校へ行くために、ズボンと靴下を履いて、上着を着ました。
それから、お母さんが作ってくれたご飯とみそ汁と納豆と卵焼きを食べました。8時になったので、靴を履いて学校に出かけました」
が、

高学年では;
「今朝はいつものように7時に起床し、今日の授業に必要な物を準備をした後で、母が作ってくれた朝食をとりました。
我が家の朝食は、父がパンが嫌いなので、ご飯とみそ汁とおかずです。
忙しい朝はあっという間に学校へゆく時間となります。
母に急かされながら、急いで靴を履いて学校へ出かけました」
というような文章になるそうです。

上の作文は、飽くまでも「例えば」という内容ですから、お前の文章は変だと言って目くじらを立てるようなことはなさらないで下さい(-"-)

と、ここまで書いてしまったお話は、A4コピー紙に書きなぐっていた内容とは全く関連しませんので、どうしようかなと考えています…

が、まっ、イイか、万年筆で遊んだことだし、内容も小学校低学年レベルだし、A4コピー紙は破ってすてることにします…お気楽です(^-^;

ところで、このブログを2009年から始めて以来、初めて奇特な方に出会い(?)ました。
なんと!?具体的にコメントをして下さったのです!

実は初めてのコメントではないのですが、馬鹿だチョンダの類のコメントだけでしたので、返事のしようがなくて無視しただけでした(-_-;)
…まあ、読んで下さっただけでありがたいとは思いましたが…

それで、嬉しいかってお聞きになるんですか!?
そりゃあ~、嬉しいですよ…感激しましたよ。

ただ、妙にソワソワした、緊張感を抱くような気持ちにもなります…
これが高ずると、自意識過剰になってしまい、気軽に書けなくなってしまいかねません…
そうなると厄介です…

などと自問自答する程には考えていないのです…
根っからの楽天家ですので(^^;

しかし、なんで私のブログに興味を持たれたのか不思議な感じがします。
書いている自分ですら、こんなブログは読みたくないと思うことが多々あります。

もう更新はしておりませんが、私のホームページの方が面白いと自分では思います…
実は、知人には読んで頂きたくないのですが…

まあ、多分、気紛れでと思うことにしています…
これで自意識過剰にならずに済みます(^^;

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ