中国の万年筆

2015年3月15日日曜日

趣味 中国

ちょっとパープルなシネラリア?
シネラリア?
万年筆のお話です。

日本では万年筆を売っている店がかなり限られてきていますが、上海では売っている店が結構あります…
スーパーマーケットでも売っています。
文房具店では数千元(数万円)の高級万年筆も置いてあります…

国内品だけではなく、
モンブラン、パーカー、ペリカン、シェーファーなどの海外有名品もあります。

それだけ上海では普通に売られていますので、使っている人を見かけても良さそうですが、見たことがありません。

今日、スーパーマーケットで人を待っていた際に、文房具売り場で売っていた万年筆を見ていて、衝動買いをしてしまいました。

中国の安い万年筆…龍のプリントがある
安い物は10元(約190円)程度で売られています。

私が買ったのは、竜の絵が描かれている物で、32元(約600円)しました。
ブランドは中国では有名と思われる「英雄」です。

作りがシッカリしていて、ペン先も真面です。
かなり重いです。

インクはカートリッジ式ではなく、吸い込み式ですが、スポイト式ではなく、内筒をネジで動かしてインクを吸い込む方式(コンバーター)です。

書き味は、どうせザラザラしたもんだろうと思いつつも買ったのですが、自宅に帰って使ってみたところ、全くザラザラ感がなくスムーズに書けます…チョット驚きました。

インクの無駄な漏れもなさそうです。

これなら長く使えそうです…と言っても、仕事でノートを取るには、万年筆では煩わしい点が多々ありますから、趣味的に使うしかありません。

ところで、中国の役所に提出する書類は、水性インクで書く必要があります。
ボールペンも水性のものでなければなりません。環境対策なんだそうです。

万年筆のインクは昔から水性だったように思いますが、私が買った万年筆のインクも水性です。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ